うのたろうブログくろおと

うのたろうブログくろおと

未分類

赤城「不二家ミルキーアイスバー」2018のカロリー・販売店は?2012年との違いは?

うのたろうです。
不二家ミルキーアイスバーを食べました。

不二家の「ミルキー」がアイスになった商品です。
販売はガリガリ君で有名な「赤城乳業」。つまり「赤城乳業×不二家」のコラボ商品ということです。

うまい×うまい

これは期待大です。
味の感想とカロリーの情報をごらんください。

 

SPONSORED LINK

 

「不二家ミルキーアイスバー」とは?

赤城乳業とミルキーがコラボした商品。

ちなみにミルキーアイスは数年ごとに販売されるイメージです。
前回は2012年に発売されました。そのときは中央に練乳ソースが入っているという形でした。

しかし、今回は中央になにも入っていないタイプのアイスにバージョンアップされています。
構成はシンプルです。

生クリームを使用してミルキーの味を再現したシンプルなアイスバーです。詳細はこちら。

「不二家ミルキーアイスバー」詳細は?

不二家ミルキーアイスバー1

【価格】130円(税別)
【カロリー】129kcal
【販売期間】2018年6月5日~期間限定
【販売時間】全国のコンビニ、スーパー、ドラッグストア等

カロリーは129kcal
ミルキーの濃厚さを考えると意外とカロリーが低いなというのがぼくの印象です。
ぼくは神奈川県のスーパーマーケットで2016年6月に購入しました。そのときの価格は89円(税別)でした。各主成分は以下の通り。

・たんぱく質(2.1g)
・脂質(5.7g)
・炭水化物(17.0g)
・食塩相当量(0.1g)

不二家ミルキーアイスバー4

ちなみに2012年発売の商品はカロリーが148kcalでした。
これは中央に練乳が入っていたからでしょう。

今回は、その練乳がなくなったぶん、カロリーが低くなったと感じられます。それでは、さっそく食べてみます。

「不二家ミルキーアイスバー」味の感想は?

まずは開けてみましょう。

不二家ミルキーアイスバー2

どーん。
じゃっかん溶けています。
ぼくは近所のスーパーマーケットで購入して、そこから原付きで持ち歩いて帰ったのですが、その短い時間でちょっと溶けてしまったようです。

もともとが乳成分の多いかなりやわらかいタイプのアイスですので溶けやすいのだろうと感じました。ここは注意が必要です。

ですが、まあ、いいです。
とにもかくにいただきまーす。

不二家ミルキーアイスバー3

うまーい。
これはうまい!

完全にミルキーのあの味です。
あれが、まんまアイスクリームになったという形。すごい。この再現率は、すごいです。

笑っちゃうくらいにおいしいです。
これは間違いなく老若男女が好きな味だと確信します。

それくらいにおいしいです。

まとめ

前回(2012年発売)のものとは違う味わいのミルキーのミルクバーです。
ミルキー好きも赤城乳業好きもぜひチェックしてみてください。

全国のコンビニやスーパーなどの量販店で購入することができますよ。

うのたろうでした。

スポンサーリンク
 
Return Top