ファッション

世界一わかりやすい脱オタクファッション指南│カットソーのサイズ感で悩んだ場合は、着丈に注目

さて。
うのたろうです。
前回からの続きです。
こんなサイズ感のものはダメ

サイズ感のお話しで、おなじモデルがおなじカットソーの違うサイズを着用している画像を見くらべてもらいました。
メンズファッション洋服サイズ感
その結果。
その画像でモデルがオシャレに見えるサイズ感はSMの2種類だということがわかりました。

では。
どちらがよりマジョリティなサイズ感なのか?

そんなところから本日のお話はスタートです……

SPONSORED LINK

SとMではどちらのサイズ感がカッコイイ?

では、この2枚にしぼって見くらべてみましょう。
メンズファッション洋服サイズ感

この左右の画像には決定的な違いがあります。
わかりますか?

ぱっと見たところ、サイズ感としてはだいたいおなじ感じです。
どちらもちょうどいいサイズのものを着ているような印象を受け「それほど変わらないな」というのがファッション初心者の意見だろうと思います。

ですが。
よく見てください。

ここで注目すべきポイントはズバリ「ベルトが見えている面積」です。
メンズファッション洋服サイズ感
そういわれれば、ここの部分だけは左右でまったく違う感じになっているのです。

本当に些細な一部分です。

が。
じつはこれ、オシャレになるために一番だいじなポイントだといっても過言ではないのです。

すこし詳しく見てみましょう。

ベルトが見えている面積とは?

ベルトが見えている面積というのは、いい変えれば「着丈の違い」ということです。

この着丈の違いというのは、メンズファッションにおいてこれから先のトップス選びのすべてにおいてかかわってくる要素なのです。

ちなみに。
通販サイトに掲載されているこのカットソーのサイズスペックとしては、こんな感じになっています。
メンズファッション洋服サイズ感
見てわかるように、たかだか2cmです。
しかし、この2cmが視覚的には、これだけ違ってくるのです。

ですので。
この画像を見て「着丈の感じ」を目に焼きつけてください。

今後、とても重要になってきます。

本日のポイント

サイズ感を覚えたら、次は「着丈」に注意しよう。
そして、そのうえでマジョリティのサイズ感はなにかということを考えよう。

詳しくはこちらの記事でお話しいたします。
着丈についてのハズせないポイント

スポンサーリンク
 
Return Top