ファッション

世界一わかりやすい脱オタクファッション指南│ここさえはずさなければOK! カットソーのサイズ感で注意して見るべきポイント

うのたろうです。
前回からの続きです。
オシャレに見える着丈に注目!

前回は、メンズファッションにおいてもっとも大切「着丈」のお話しをしました。

では、それをふまえてマジョリティのサイズ感について見ていきましょう。

SPONSORED LINK

前回のおさらい

まずは、この2着を見くらべてみましょう。
メンズファッション洋服サイズ感
どちらがマジョリティのサイズ感でしょうか?

まずはSサイズ

メンズファッション洋服サイズ感
写真を見てわかるように、ベルト全体がほぼ完全に露出しています。
ぼくでしたら、迷わずこのサイズ感のものを選びます。

が。
ここまで短いというのは、いささかやりすぎという感じもあります。
ぼく的にはオシャレと感じていますが「これがマジョリティのサイズ感か?」といわれれば自信がありません。
どちらかといえばこのサイズ感のカットソーは、あるていどオシャレに慣れてきたうえでの「着くずし」的な要素をふくんでいるため、メンズファッション初心者のうちは避けるべきサイズ感かもしれません。

次にMサイズ

メンズファッション洋服サイズ感
こちらはベルトのバックルが露出するくらいで、ベルト自体はそれほど露出していません
Sサイズとくらべて着丈も短すぎず「ふつう」といった感じを受けると思います。

この「ふつう」という感じがだいじなのです。
その「ふつう」こそが「マジョリティのサイズ感」だからです。

また、この長さのほうがアレンジもききカットソーとしてつかい勝手が良いといえるでしょう。

と、いうことは……

このモデルにとってのマジョリティのサイズ感は?

Mサイズということになります。
メンズファッション洋服サイズ感

これがマジョリティのサイズ感です。

咀嚼(そしゃく)しすごくゆっくりお話ししましたので、すんなりとはいっていけたのではないでしょうか?

本日のまとめ

マジョリティのサイズ感というわかりづらい言葉もこうして視覚化すればかなりわかりやすくなったのではないでしょうか?

ここまでのお話しを理解できていれば、オシャレの半分はもうクリアです。
といいますのもサイズ感の基本はこれでほぼすべてだからです。

また、こういったファッション通販サイトもいろいろなコーディネートが掲載されているのでサイズ感の勉強になります。

では、次回からは基本をもうすこし具体的にしていきましょう。
基本に数字という理屈をつけ、さらにわかりやすく説明をしていきます。

スポンサーリンク
 
Return Top