小説

傑作アメーバ 大喜利③

うのたろうです。
アメーバ大喜利の第3段です。

ちなみに。
第2段はこちらです。
http://unotarou.com/novel/3013/

この手の「ボケて」というお題は、小説家になるための引きだしのトレーニングなどにつかえますよ?

そんなこんなで、ぼくのボケのなかからいくつかをピックアップしてご紹介いたします。

SPONSORED LINK

今、フラれたんだわ。もう、おれ、だめなんだわ。

【お題】
傑作アメーバ大義理ボケて笑ったら寝ろ
【解説】物書き的な発想です。行間を読めというやつです。こんな発言をしたあとのパイロットがどんな行動をとるか? それは火を見るよりも明らかですよね。こういった技術は小説にも利用できます。

蘭ねーちゃんの機嫌が悪い。

【お題】
傑作アメーバ大義理ボケて笑ったら寝ろ
【解説】オマージュです。名探偵コナン。国民的な人気アニメです。説明なしにも万人に理解される状況というのはひとことの破壊力があるため、小説に利用できます。

ショタがひとり歩きして語源になってる。

【お題】
傑作アメーバ大義理ボケて笑ったら寝ろ
【解説】よく耳にする「ショタ」という言葉。じつはこれ、鉄人28号の主人公・正太郎が由来なのです。少年を愛するという癖(へき)の由来がこんなところにあったなんて、意外と知られていない事実だったりするのです。こういったわきの知識は小説家にとって必要なものです。

最後に

本日も3本ご紹介いたしました。
小説家を目ざすかた、物書きになりたいと思うかた、ぜひともこの手の大喜利やボケてで頭の引きだしチェックをしてみてください。

きっと力がつきますよ。

以上。
へっぽこ物書き・うのたろうでした。

それではまた。
次回、第4弾でお会いしましょう……

スポンサーリンク
 
Return Top