うのたろう小説ブログくろおと

うのたろう小説ブログくろおと

菓子パン

ヤマザキ「薄皮チョコパン」カロリー&冷凍アレンジ方法は?牛乳との相性は?

うのたろうです。
ヤマザキの薄皮シリーズのパンを食べました。

ヤマザキ「薄皮チョコパン」

これ、売っているときと売っていないときがあるので個人的にはチョイレア扱いしているパンです。

味の感想とカロリーの情報を見ていきましょう。
そして、牛乳とのマッチ度や冷凍して食べるアレンジレシピの方法もご紹介いたします。

 

SPONSORED LINK

 

ヤマザキ「薄皮チョコパン」とは?

ヤマザキの「薄皮シリーズ」のなかの定番商品です。

パンの構成はいつもの薄皮シリーズのパン生地にチョコレートクリームがたっぷりはいっているという形。小さなパン5個入りです。

薄皮チョコパン4
※1個ずつの大きさはこれくらい。

公式発表されている情報ではありませんが、この薄皮シリーズは購入する時期によってちょっとずつチョコレートの量が増えたり減ったりしていると個人的には感じています。

2016年ころの薄皮シリーズは、皮が厚くなってしまっていたことを記憶していて、その時期はあまり食べませんでした。

それが現在(2017年11月時点)はまた元に戻っているという形です。詳細は、こちら。

ヤマザキ「薄皮チョコパン」詳細は?

薄皮チョコパン1

【購入価格】129円(税別)
【カロリー】96kcal(1個あたり)

カロリーは1個あたり96kcal。
5個全部食べると480kcalになりますので、かなりヘビーです。
女子はちょっと気をつけた方が良いかもしれません。

ヤマザキ「薄皮チョコパン」味の感想は?

うまーい。
これ、ぼく、よく食べているんです。
一時ハマりまくって毎日食べていたこともあります。それくらいに美味しいです。

パンのなかにたっぷりとチョコクリームがはいってます。
ヤマザキのチョココロネとは違うクリームで、こちらにはいっているチョコレートはもっとモッタリした食感です。

チョココロネよりも硬めのチョコレートといえばわかりやすいでしょうか。
しっかりと形を崩さずにはいっているタイプのクリームです。

薄皮チョコパン2

味はチョコレートの風味を抑えている感じ。
ですが、しっかりとチョコの味がします。

クリームたっぷりなのにしつこすぎない。
このあたりのバランスが薄皮シリーズの良いところなのでしょう。
ぼくは大好きです、これ。

ヤマザキ「薄皮チョコパン」は牛乳と合う?

今回も牛乳に浸けて食べます。いただきまーす……

薄皮チョコパン4

うまーい。
これはうまいです。
可もなく不可もない感じの「普通のうまさ」です。
テレビを見ながら、ちょいちょいと牛乳に自然につけちゃうくらい相性抜群です。

個人的なマッチ度は……

★★★+☆

びっくりはしません。
ふつうにおいしいだけです。
牛乳に浸けたからといって化けるわけではありません。
ただ、自然に牛乳につけてもおいしい菓子パンといった感じです。

ノーマルのときとはちょっと違う美味しさで食べられるという感じでしょうか。
5個中の2つか3つくらいはこの食べ方をついついしてしまいます。

また有名なアレンジレシピとして、冷凍庫で冷凍するという方法もあります。
これは、購入してきた「薄皮チョコパン」をそのまま冷凍庫にいれて2時間~半日程度凍らせるだけです(もし開封してしまった場合はジップロックなどにいれればOK、最悪パッケージをセロテープで貼りつけても問題ありません)。あとは、冷凍庫からだして食べればシューアイスのような食感になります。

まとめ

薄皮シリーズのなかでも、個人的にはかなり上位にはいるくらい好きなのが、この薄皮チョコパンです。

牛乳との相性もふつうに良いですので、ぜひ試して見てください。
うのたろうでした。

スポンサーリンク
 
Return Top