うのたろう小説ブログくろおと

うのたろう小説ブログくろおと

ファッション

ナノユニバース「REDA 110S SET JK LM」のレビュー│サイズ感や型番の意味は?

ナノユニバースREDAジャケット
画像引用:https://store.nanouniverse.jp/jp/goods/goods.aspx?goods=9999151110784

うのたろうです。
nano universe(ナノユニバース)のテーラードジャケットをセールで購入しました。

REDAの110Sという生地を使用したものです。
本日はその着用感などの感想、サイズ感などレビューをご紹介いたします。
また、ナノユニバースのセールの平均的な割引率やテーラードジャケットのオススメ度などもあわせてごらんください。

 

SPONSORED LINK

 

購入した「ナノユニバース」のジャケットは?

【商品名】REDA 110S SET JK LM
【価格】3万円1万2000円(セール価格)
【サイズ】44
【品番】9999151110784

ジャケットのおもなディテールは以下のもの。

・ベント → センターベント
・裏地 → 総裏
・袖ボタン → 開き見せ

ナノユニバースREDAジャケット

このジャケットの最大の特徴はREDA(レダ)の110Sという生地を使用している点。
REDAはイタリアの生地メーカー。創業は1865年。創業者はカルロ・レダ氏。
REDAの生地は品質が高いのに低価格だというのが最大の特徴です。

ちなみに「110S」というのは「SUPER110S」の意味。
これは糸の細さをあらわす単位で「1kgの原毛から110kmの糸がつくれる」という意味です。わかりやすくいえば「こんなに細く長く伸ばせるほどの高級なウールを使用しています」という意味になります。

ナノユニバースREDAジャケット
ほかにも「SUPER100S」や「SUPER120S」などの表記があり、数字が高いほど高級な生地ということになりますが、数字が高くなるほど繊細な糸ということになり強度の面では弱くなってしまいます。

ナノユニバース「REDA 110S SET JK LM」型番の意味やこのジャケットの着用感は?

ナノユニバースのスーツの型番の見方はこんな感じ。

・REDA 110S → 生地
・SET → セットアップ商品
・JK → ジャケット単品
・LM → シルエット

この「LM」という表記はスリムタイプという意味です。
そしてセットアップ商品のジャケット単品ということはスーツジャケットという意味です。
そのためカジュアルなものとは違い肩パッドもしっかりとはいっています。

ナノユニバースREDAジャケット

また生地がしっかりしていて光沢がないのが特徴です。
織り柄はストライプというよりもボーダーに近い形(実際は色身の違う糸が縦横に織られています)。色は濃い目のネイビーといった感じで黒と青の糸の織り方による立体感も大きな特徴です。

ナノユニバース「REDA 110S SET JK LM」のサイズ感は?

ナノユニバースREDAジャケット
画像引用:https://store.nanouniverse.jp/jp/goods/goods.aspx?goods=9999151110784

公式HPでのモデル(身長178cm)着用感はこんな感じ。

それに対してぼくの身長/体重は172cm/53kg
筋肉質のやせ型です。サイズは44(最小サイズ)を購入しました。それに対してZOZO TOWNに掲載されているこのジャケットの44サイズのスペックは以下の通り。

・着丈……71.5cm
・肩幅……40cm
・見幅……44cm
・袖丈……60.5cm

シルエットはウエストが絞られていて、かなり細身にできています。
着丈はぼくの身長体重で長くも短くもないといった感じ。
お尻の半分が隠れる程度というところです。

まとめ

今回60%オフで購入しましたが、ナノユニバースの商品は基本これくらいまで値下がりします。なかには80%オフになる商品もありますが、そうなった場合、選べるサイズやカラーも少なくなってしまいますのでご注意ください。

また実店舗より公式通販やゾゾタウン、楽天市場店などのほうが以前のシーズン商品も多く値引き率が大きいことがありますので、そちらもチェックしてみてはいかがでしょうか?

ネットでのさまざまな評判や口コミがありますが、ナノユニバースのテーラードジャケット(LM)は普段づかいのメンズアイテムとしてかなりよくできています。
とくにやせ型の人にはオススメのテーラードジャケットです。
うのたろうでした。

スポンサーリンク
 
Return Top