うのたろう小説ブログくろおと

うのたろう小説ブログくろおと

アイス

丸永(マルナガ)抹茶白玉ぜんざい(バー)のカロリーは?味の感想は?

うのたろうです。
MARUNAGA「抹茶白玉ぜんざい」を食べました。

スーパーマーケットで購入したバーアイスです。

味の感想、カロリーの情報をご紹介いたします。

 

SPONSORED LINK

 

MARUNAGA「抹茶白玉ぜんざい」とは?

丸永製菓のバーアイス。
マルナガとも表記されています。
丸永製菓のアイスクリームは和のシリーズを展開していて、ほかにきな粉もちなどのフレーバーがあります。

この抹茶白玉ぜんざいは、抹茶味のバーアイスがベース。
そのなかにあんこと白玉が入っているという形。ちなみに、これとマルナガからは御餅(おんもち)シリーズでもおなじフレーバーが発売されています。詳細はこちら。

MARUNAGA「抹茶白玉ぜんざい」詳細は?

抹茶白玉ぜんざい1

【価格】130円(税別)
【内容量】90ml
【カロリー】164kcal
【販売店舗】全国のコンビニ、スーパー、ドラッグストア

カロリーは164kcal
ファミリーパックは99kcal(60ml)、御餅の白玉ぜんざいが279kcal(110ml)
各主成分は以下の通り。

・炭水化物(2.4g)
・脂質(6.4g)
・たんぱく質(29.7g)
・食塩相当量(29mg)

神奈川県のスーパーマーケットで2018年6月に購入しました。

MARUNAGA「抹茶白玉ぜんざい」味の感想は?

というわけで。まずは袋からだしてみます。
どーん。

抹茶白玉ぜんざい2

ふつうの抹茶のアイスバーです。
とくに変わったところはありません。外観からはなかの層がわからない形になっています。

とにもかくにも、いただきまーす。

抹茶白玉ぜんざい3

うまーい。
まずは最初の層です。
ひと口かじると、まずはあんこの層がでてきます。そのうえにある抹茶の層があんこ全体の甘さをつつみこんでくれています。

ちなみに、この時点では白玉の層はでてきません。抹茶×あんこの味わいだけです。

もうひと口、いただきまーす。
……まだあんこの層です。

おかしいと思うので画像チェック。

抹茶白玉ぜんざい1

どうやら、あんこと白玉は別の層に入っているわけではないようです。
ということで、逆サイドからひと口。

抹茶白玉ぜんざい3

でてきました。
白玉の層です。

もっちもちです。
ただし、めちゃくちゃモチモチしているというわけではありません。
多少ごわごわした感じがあります。といいますのも冷えると、白玉はどうしても硬くなってしまいます。
ですが食べられないほど粉感があるというわけであはないので、この白玉はかなりよくできていると感じました。

ちなみに、この白玉の層は一番下まで続いています

抹茶白玉ぜんざい5

全体的な感想としては、抹茶、あんこ、白玉がマッチした部分を食べると和の味わいを存分に楽しむことができます。

ですが、しっかりした和のおいしさというより、全体的に雑な駄菓子的なおいしさという感じです。

中年女性にはもの足りないかもしれませんが「なんとなく和風の味が好き」という方は美味しく食べられると感じました。

まとめ

リッチな抹茶味ではなく、駄菓子的においしい抹茶味のバーアイスです。
白玉もほどよいやわらかさとモチモチ感があるため、おおざっぱだけれど満足度の高い味わいになっていると感じました。

抹茶味好きやカップ版の「抹茶白玉ぜんざい」ファンの方はチェックしてみてください。
うのたろうでした。

スポンサーリンク
 
Return Top