うのたろう小説ブログくろおと

うのたろう小説ブログくろおと

雑記

マッサージなしですぐに小顔になる方法!5つの簡単な習慣だけでOK

うのたろうです。
小顔って憧れますよね。

そんな小顔ですが、じつは誰でも簡単につくれるのです。
それも日々のちょっとした習慣だけで。

ということで本日は小顔に見せる5つの習慣というお話しです。まずは顔が太って見える原因からお話しをいたします。

 

SPONSORED LINK

 

顔が太って見える原因とメカニズムは?

もちろん骨格にもよりますが、顔が大きく見える原因というのは、むくみ筋肉のたるみ水分代謝のトラブルががおもな原因です。

またそれらをつくってしまう大本の原因は「姿勢」にありました。
日々の生活のなか、ただしくない姿勢をとり続けてしまうと、顔の筋肉がたるんだりしてみるみる顔が大きくなってしまいます。そのメカニズムは以下の通りです。

小顔作る方法ストレッチ習慣

あなたが、今、だらしない生活をしていると……

1.まず骨格がひらきます

2.骨格がひらくと、身体のなかにある内臓がしたのほうに落ちてしまいます

3.その結果、全身がむくみます

4.全身がむくむことで顔の肉が増えてしまいます

5.そして増えた肉がたるみ、結果、顔が大きく見えてしまうのです

また身体は痩せているのに顔が大きく見えるという方は「部分太り」ということも考えられます。そういった方は、顔の筋肉のトレーニングと同時にむくみ対策をするようにしましょう。その方法とは……

小顔のつくり方

1.硬いものをよくかむ

硬いものをかむと、あごと頬の筋肉が鍛えられます。
その結果、表情筋が鍛えられ、フェイスラインがすっきりします。また表情が引き締まるため、顔の肉のたれさがりをふせぐこともできます。
小顔作る方法
簡単な方法としては習慣的にガムなどを噛むことをオススメします。

2.アルコールはほどほどに

飲酒は水分代謝に必要なビタミンB群などのミネラルを排出してしまったり、過剰に消費させてしまったりします。
それがむくみの原因となり、結果、顔が大きくなってしまいます。
小顔作る方法

3.逆立ちをする

頭がつねにうえにあると血液循環が滞ってしまいます。
1日2~3分ほど逆立ちをして血液をスムーズに流してあげてください。

逆立ちが苦手な人は、壁をつかって脚をあげる体勢を1日5分ほどとってください。力を抜いてその状態を5分間キープすると、逆立ちとおなじ効果を得ることができます。

この運動をすることで、頬のたるみがすっきりします。また顔の血流がよくなり、むくみがとれ、さらにはよぶんな脂肪の排出にもつながります。

4.寝るときの体勢に注意

小顔をつくる寝方というものがあります。
それは「仰向け」で寝ることです。

やり方は簡単。
まっすぐあおむけになったら、脚をまっすぐ揃えて伸ばします。両手は力を抜いてリラックスさせ、身体の横におきます。

その状態で眠るのことが小顔にはもっとも効果的です。もしあなたが今、横むきやうつぶせで寝る習慣がついてしまっているのならば要注意です。そういう人は、背骨や股関節が歪んできてしまい、その結果、鼻すじや輪郭、あごの関節(=顔)が歪んでしまいます。

この「ゆがみ」が顔を大きく見せてしまう原因のひとつでもあるのです。寝る体勢には充分に注意をしてください。

5.仕事中、ずっとおなじ姿勢でいない

とくにデスクワークの方は気をつけてください。
<身体を長時間動かさないと、身体の筋肉がたれさがります
小顔作る方法
その結果、顔まわりの筋肉がしたに引っぱられ、たれさがってしまいます。
これはやはり先ほど同様、血流の悪さが原因です。
仕事中もできるだけストレッチをするように心がけ、血を身体のすみずみにまで流してあげてください。

まとめ

小顔をつくるには「日々の姿勢」と「血流」が大切だということがわかりました。この5つのポイントに注意をして、日々の生活をするようにしてください。

初めは大変かもしれませんが、すぐに慣れてそれが習慣になります。
そうすることで、キレイで若々しい小顔をずっとキープすることができますよ。

うのたろうでした。

スポンサーリンク
 
Return Top