うのたろう小説ブログくろおと

うのたろう小説ブログくろおと

雑記

【超簡単!】テレビの選び方 2015│液晶テレビ?4Kテレビ?あなたの部屋はどっちがオススメ?

うのたろうです。
いよいよアナログ放送のタイムリミットがやってきます。
2015年4月26日現在ではほとんどの地域がアナログ放送が完全に終了していることと思います。

ということは、もういいかげんにブラウン管のテレビから液晶テレビに買い替えなければいけないということです。

ということで。
本日は、超簡単なテレビ選びの際のポイントの紹介です。これだけ知っていれば、難しいことを考えなくても最低限の知識がつきますので買い物で失敗することはありません。ぜひ参考にしてください。

 

SPONSORED LINK

薄型テレビの現在の主流は?

2015年現在の主流は液晶テレビです。以前はプラズマテレビと液晶テレビが薄型テレビの双璧をなしていましたが、それももう過去の話。
大画面映像の美しさを売りにしていたプラズマテレビはパナソニックが2013年末を最後に生産を終了しました。

その代わりに登場したのが4Kテレビ。
こちらはよく耳にする名前ですよね。

ということで、2015年の現在は液晶テレビ4Kテレビが2大主流というわけです。では、どちらがよりあなたのライフスタイルにふさわしいのか?

あなたが選ぶべきは液晶テレビ? プラズマテレビ?

あなたが買うべきは液晶テレビなのか、プラズマテレビなのか――そのこたえは、以下の1つの質問でわかります。

【質問】
あなたが今、買おうとしているテレビのサイズは50V以上のテレビですか?
それとも49V未満のサイズのテレビですか?
テレビ液晶4Kオススメ選び方
結論からいいますと、50V以上のテレビの購入を考えている場合は4Kの購入がオススメです。
逆に49V未満のテレビを購入しようと考えている場合はフルハイビジョン(フルHD)の液晶テレビを購入してください。

小型~中型テレビで4Kをオススメしない理由は?

簡単です。46V型や47V型くらいまでのサイズのテレビでは4Kの性能を発揮できないからです。といいますのも4Kテレビというのはひとことでいえば以下のもの。

テレビを大型化しても画質が粗くならないテレビ

このような理由から50V以上のテレビでないかぎり4Kというのは必要がないのです。

ちなみに……

もちろん大型化しても画質が粗くならないということは小型の場合でも画質がこまかく綺麗だということでもあります。ですので4KテレビはBD(ブルーレイ)などをよく見る人にとってはオススメともいえますが、一般的な目で見てほとんど綺麗さは変わりません。
そのため超大画面テレビ以外は4Kテレビは必要ないと感じます。

最後に

いかがでしたか?
以上のことから、小型~中型テレビは迷わず液晶テレビを選んで大丈夫です。
4Kなどなくてもフルハイビジョンで十分満足のいくレベルにおつりがくるくらいのレベルで高精細な映像を描けます。

そのため50V型前後以上からのテレビを選ぶ場合にのみ4Kテレビを選択肢にいれてください。

これがもっとも単純でわかりやすいうえ、失敗しないテレビの選び方です。
うのたろうでした。

スポンサーリンク
 
Return Top