雑記

ディズニー 料金の値上げ後もオープンチケットなら差額は発生しない?改定前の金額で安く楽しむ裏ワザと値上げの理由

うのたろうです。
2016年4月1日からディズニーのチケット料金が値上がりしてしまいます。
これで3年連続。なんと2016年4月1日からは7400円(大人)になってしまいます。

現在の6900円から500円アップ。
けっこう痛いですよね。では、オープンパスポートを3月中に購入した場合はどうなるのでしょうか?

本日は、そんなディズニーのチケットを安く手にいれ4月以降も楽しむ方法のお話しです。見ていきましょう……

SPONSORED LINK

ディズニーチケット「1デーパスポート(18歳以上)」の値上がりについて

2013年までは6200円でした。しかし……

2014年……6400円
2015年……6900円
2016年……7400円

この3年間でなんと1200円もアップしているのです。
値上げの理由は、後述しますが2016年からのディズニーリゾートのスタンスとして「入園者数の抑制」「パークの混雑緩和」が目的だという感じです。
ディズニーランドシー値上がる値上がり値上げ2016年差額裏ワザ
こう料金が値上がりしてしまってはなかなかいきづらくなってしまいますよね。しかし「1デーパスポート(18歳以上)」にはちょっとした裏ワザがあります。その裏ワザとは……

2016年3月31日までに「オープンパスポート」を買え!

2016年3月中にオープンパスポートを購入することで2016年4月1日以降も6900円でディズニーを楽しむことができるのです。ちなみに……

「オープンパスポート」とは?

ひらたくいえば「来園日の指定がないパスポート」です。つまり、そのパスポートがあれば有効期限である1年のあいだのいつ・何月何日にディズニーにいってもOKというものです。

つまり。
2016年3月2日に購入すれば、2017年3月1日までの期間、いつでも好きなときにディズニーに遊びにいけるというわけです。
ディズニーランドシー値上がる値上がり値上げ2016年差額裏ワザ
このオープンチケットは3月31日までは改定前の価格である6900円で販売されています。もちろん4月以降に来園しても差額を請求されることはありません。

これで買いだめしておけば2016年4月1日以降もディズニーに6900円で入園できるようになります。

この裏ワザの注意点

ただし、この裏ワザにはひとつ注意点があります。

それは2016年10月からディズニーリゾートが「日付指定券限定入園日」をスタートするということです。

現時点で「限定入園日」は「2016年10月、11月、12月の土、日、祝日」が対象です。
そのためオープンチケットを購入した場合、2016年の体育の日や2016年のクリスマスなどには入園できないということになります。
ディズニーランドシー値上がる値上がり値上げ2016年差額裏ワザ
ただし、あらかじめオープン券を購入しておいて来園日が決まったら券種変更の手続きをすればOK。体育の日に入園したい場合はオープンチケットを2016年10月10日の「日付指定券」に変更してもらえばOKです。もちろん、そのさいにも差額を請求されることはありません。ちなみに……

日付指定券を指定日以外に使用する場合は?

この場合、手数料と差額の両方が発生してしまいます。

【日付指定パスポートで、指定日以外での利用】

日付変更手数料(200円)

新価格との差額(500円)

+700円を支払って入場することになりますので注意してください。

年間パスポートの場合は?

また年間パスポートの引換券でも同様、2016年4月1日からも改定前の値段で1年間ディズニーを楽しむことができます。

ただし年パスは以下の3店舗のみでの販売ですので注意してください。

【イクスピアリ内】
→東京ディズニーリゾート・チケットセンター

【東京ディズニーランド】
→ゲストリレーション・ウインドウ

【東京ディズニーシー】
→団体チケットブース

まとめ

2016年3月31日までにオープンパスポートや日付指定パスポート、または年パスを購入することにより2016年4月1日以降も改定前の料金でディズニーを楽しむことができます。

ただし、ディズニーでは2016年10月以降、日付指定券限定入園日が設けられるため、注意してください。

また、この裏ワザはディズニー好きの人たちのあいだでは有名ですので、チケット売り場には長蛇の列ができている場合がほとんどです。

時間に余裕をもって購入するようにしてください。
うのたろうでした。

スポンサーリンク
 
Return Top