雑記

あんぱんの日(4月4日)意味・由来│元となった桜あんぱんのカロリーは?木村屋の季節のイベント

うのたろうです。
4月4日は「あんぱんの日」です。
その意味や由来はいったいなんなのでしょうか?
説明いたします……

SPONSORED LINK

「あんぱんの日」の意味・由来

◎.1875年4月4日、木村屋(現・木村屋総本店)が制定

【解説】
1875年(明治8年)のことでした。ある老舗パン屋が明治天皇に「あんぱん」を献上することになりました。

献上することになった経緯は「あんぱんのおいしさを山岡鉄舟(明治天皇に仕えていた人)がつたえた」から。

ちなみに。
ある老舗パン屋とは1869年創業のお店「木村屋(現・木村屋総本店)」。今でも営業しているお店です。

そして1875年4月4日。
その木村屋が、花見の茶菓子として「桜あんぱん」を明治天皇に献上することになりました。

献上した「桜あんぱん」とは?

パン酵母(イースト)ではなく酒種(さかだね)を使用したものでした。こうすることで酒蒸しまんじゅうのような香りが広がります。
さらに桜の名所である吉野山(奈良県)の八重桜の花びらの塩漬けを、あんぱんのヘソに埋めこみました。これ、絶対ウマイやつだ。
4月4日あんぱんの日意味由来カロリー味感想価格いくら
この「桜あんぱん」を明治天皇は大変気にいりました。
その結果、あんぱんは明治初期には「文明開化の七つ道具」としてかぞえられたほどです。

ちなみに。
この木村屋の「酒種あんぱん」は現在でも木村屋の公式HPで販売されていて購入が可能です。詳細は以下の通り。

木村屋「酒種あんぱん」詳細は?

4月4日あんぱんの日意味由来カロリー味感想価格いくら

【価格】918円
【内容量】5個入り
【カロリー】135kcal(1個あたり)

ちなみに。
ひと箱(5個)のカロリーは675kcalです。ほかにもオンラインショップでは10個入りのものなどもあり、実店舗では1個からでも販売されています。

まとめ

以上が毎年4月4日が「あんぱんの日」である意味と由来です。
この日は木村屋のあんぱんを食べて、当時の天皇の気持ちになってみるのもいいかもしれませんね。大手コンビニエンスストアのセブンイレブンでも毎年イベントを開催しています。

ちなみに。
4月4日はほかにも……

◎.清明(二十四節気)
◎.交通反戦デー

だったりします。
素敵な一日を。

うのたろうでした。

スポンサーリンク
 
Return Top