うのたろう小説ブログくろおと

うのたろう小説ブログくろおと

雑記

【2016年画像】ストロベリームーンの意味・由来・方角は?49年ぶり!

うのたろうです。
2016年6月20日はストロベリームーンが見られる日です。

ストロベリームーンとはいったいどんなものなのか?

説明いたします……

 

SPONSORED LINK

ストロベリームーンとは?

ストロベリームーンとは夏至のころの満月のこと。

夏至のころの満月は高度が低く、夕日のように赤く(あるいはピンク色に)見えるという特徴があります。

そういった理由から夏至のころの満月は学術的にというわけではなく、ストロベリームーンと呼ばれるようになりました。
ストロベリームーン意味由来方角2016
ストロベリームーンは夏至のころの満月ということで、毎年日にちが決まっているわけではありません。

「夏至に一番近い満月」をストロベリームーンと読んでいます。

ちなみに。
去年(2015年)は6月22日がストロベリームーンでした。そして2016年は6月20日がストロベリームーンです。

ストロベリームーンを見るとどうなるの?

ストロベリームーンを見ると「好きな人と結ばれる」「しあわせになれる」といわれています。そんなストロベリームーンですが、今年ははすごいんです。その理由は……

2016年6月20日のストロベイリームーンの特徴は?

じつは今年(2016年)の満月はなんと夏至と重なります

つまり。
夏至の日がちょうどストロベリームーンになるのです。
ストロベリームーン意味由来方角2016※すでに見えている場所もあります(写真は2016年6月20日19:00ころ)

これは1967年以来、49年ぶりのことです。そのため2016年6月20日のストロベリームーンは、もっとも月が赤く見えるのです。

ストロベリームーンが見える方角は?

ストロベリームーンが見える方角はとくにありません。全方位から見えます
正座などの天体現象と違って、月はいつも空の中心にあります。

そのため夜空を見あげれば、どの方向でもストロベリームーンを見ることができます。

まとめ

ストロベリームーンは月が赤みを帯びて見える現象です。
2016年6月20日のストロベリームーンは49年ぶりに夏至と重なるため、もっとも赤く見えるはずです。

ぜひ、今夜は恋人といっしょに、あるいは片想い中の好きな人のことを想いながら空を見あげてみてはいかがでしょうか?

月の魔法で恋が叶うかもしれませんよ?
うのたろうでした。

スポンサーリンク
 
Return Top