雑記

喉の痛みを緩和するマシュマロの使い方 オススメはこれ

うのたろうです。
喉、痛くありませんか?
イガイガしませんか?
マシュマロ風邪効能効果のど痛み喉効く
だったら、のど飴を舐めるよりもアレを食べると効果がありますよ?

本日は、そんなつらい風邪の症状であるのどの痛みをやわらげる裏ワザです。

それでは、くろおとスタートです……

SPONSORED LINK

のど飴よりも効果のあるアレとは?

マシュマロです。
お菓子の、あのマシュマロです。
マシュマロ風邪効能効果のど痛み喉効く
使い方は簡単です。
風邪でのどが痛くなったらマシュマロを3つ~4つたべてください
舐めても良いですし、ふつうに噛んでたべてもかまいません。
のど飴よりもよほど効果がでます。

ちなみに。
スーパーやコンビニに売っているマシュマロならなんでもかまいませんが、オススメはなかになにもはいっていないプレーンのマシュマロです。
マシュマロ風邪効能効果のど痛み喉効く

なんでマシュマロが風邪に効くの?

マシュマロのなかにふくまれるゼラチンが腫れて炎症を起こした喉をやわらかく覆うため、マシュマロをたべると結果としてのどの痛みが緩和されるのです。

ちなみに。
西洋では医者でさえも「マシュマロが痛い喉に効く」といっているそうです。

マシュマロの歴史と効能いろいろ

マシュマロの語源は「marsh mallow(ウスベニタチアオイ)」という植物の英名「マーシュマロウ」だといわれています。
マシュマロ風邪効能効果のど痛み喉効く
マーシュマロウの成分には胃腸や喉の炎症を抑える効果があります。
そのため昔から、薬用植物として咳どめトローチ等の原料にもされてきました。

また古代エジプトでは、このウスベニタチアオイの植物の根をすり潰して蜂蜜などで甘みをつけたものを、のどの薬として用いてきました。

そして時代は変わり……

時代の移り変わりとマシュマロ

それまではウスベニタチアオイという植物をつかってきたのどの薬マシュマロですが。
19世紀にはいると純粋なゼラチンをマシュマロに利用する方法が確立されます。
そうなるともうゼラチンの成分をふくむウスベニタチアオイの樹液は使用されなくなります。
マシュマロ風邪効能効果のど痛み喉効く
純粋なゼラチンをふくむ薬=お菓子として、マシュマロという名前だけが残りました。

つまり……

「のどに効果があるのはマシュマロのなかにふくまれたゼラチン」ということですね。

ところで……

ゼラチンてなに?

ゼラチンの主成分はタンパク質です。
具体的には動物の骨や皮,腱などにふくまれる不溶性タンパク質のコラーゲンを水とともに加熱分解して水溶性に変えたものをゼラチンと呼んでいます。

スーパーなどでは粉状になったゼラチンがゼリーを固めるための食材として販売されています。

ちなみに……

ゼラチンの効果・効能

マシュマロ風邪効能効果のど痛み喉効く
ゼラチンはコラーゲンの塊です。
そのため、マシュマロはのどの痛みの緩和に効果があるほか、美肌効果も抜群です。

また、ほかにもバストアップ効果や薄毛白髪の防止改善、さらには便秘にまで多大な効果があるといわれています。

最後に

のどの痛みにはマシュマロが効く。
風邪をひいて甘いものがたべられるなんて、しあわせですよね。
しかも効能的に美容に良いとなれば試してみない手はありません。
マシュマロ風邪効能効果のど痛み喉効く

喉が痛くなったらマシュマロを3つ4つたべてみる。
ぜひとも、これからの冬の乾燥の時期、マシュマロで風邪予防をしてみてはいかがでしょうか?

おだいじに。
マシュマロ処方しておきますね。
うのたろうでした。

スポンサーリンク
 
Return Top