雑記

原付き 自賠責の値段は?コンビニ加入も価格は同じ?引き継ぎはできるの?平成25年4月~の料金

うのたろうです。
原付き(50cc以下)の自賠責保険についての情報です。

自賠責保険の値段はいくらなのか?
コンビニなどで支払いはできるのか?
原付きを新しくした場合は引き継げるのか?

このあたりについて説明します……

SPONSORED LINK

自賠責とは?

自賠責保険への加入は義務です。かならずはいらなければいけません。
加入していない場合は違反ということになり、違反点数6点で一気に免停になってせいまいます。さらに罰として1年以下の懲役または50万円以下の罰金が科せられる重い罪になってしまいます。

原付きの自賠責の価格は?契約年数の種類は?バイクを新しくした場合、引き継ぎはできる?

自賠責保険の契約は12ヶ月~60ヶ月まで、12ヶ月単位で5種類から選択できます。

加入できる場所はバイク屋さん、郵便局など各種代理店のほか、コンビニでも可能です。また自賠責保険は、どの場所で加入しても一律でおなじ金額になります。自分にとって加入しやすい場所で加入するのがベストです。
原付き自賠責保険料値段コンビニどこで引き継ぎ
※2013年(平成25年)4月1日~の自賠責の契約にかかる値段は以下の通り。

・12ヶ月……7280円
・24ヶ月……9870円
・36ヶ月……1万2410円
・48ヶ月……1万4890円
・60ヶ月……1万7330円

1年だと7280円もかかってしまいますが、2年以上だと1年ごとに+約2500円ずつで年数を延ばすことができます。

また加入してから数年後にバイク(50ccのものに限る)を買い換えた場合も、自賠責保険は新しいバイクに引き継ぎできますので安心してください。そのためとくに短く契約する理由がない場合は3年以上で契約するのがお得感があるのではないでしょうか?

代理店やコンビニでの加入方法は?

自賠責保険の加入に必要なものは以下の3つ。

・車台番号
・標識番号(ナンバープレートのナンバー)
・身分証明書

これだけを持っていけば手続きをすることができます。ハンコなどはとくに必要ありません。

またバイク屋などの代理店、郵便局のほか、原付きの自賠責保険はセブンイレブン、ローソン、ファミリーマートなどのコンビニで、即日加入することができます。ステッカーもその場でもらうことができます。
原付き自賠責保険料値段コンビニどこで引き継ぎ
それぞれのコンビニにある端末機(Loppiやマルチコピー機やFamiポート)を利用し、自賠責保険を選択。その後、レシートをレジに持っていって必要な金額を支払うだけでOKです。

まとめ

原付きの自賠責の値段は、バイク屋さんで契約しても、コンビニで契約しても価格がおなじです。

選べる年数は1年~5年。
その後、新しくバイクを買った場合も、自賠責の引き継ぎができますので安心してください。
うのたろうでした。

スポンサーリンク
 
Return Top