雑記

チョー簡単! パサパサ髪をサラサラ髪に変身させる5つのポイント

うのたろうです。
夏が終わり季節が秋に近づくと、だんだん空気が乾燥してきます。

そんな季節は夏のあいだに蓄積された髪へのダメージが表面化してくる時期でもあります。

というわけで。
本日は、これからの季節髪がパサパサにならないため、あるいは、もうすでにパサパサになってしまった髪をふたたびサラサラに戻すためのポイントのお話です。

全部で5つのポイントがありますので、1つずつご説明していきます。

SPONSORED LINK

髪をサラサラにするために

①シャンプーは夜におこなう

傷んだパサパサの髪の毛サラサラにする方法
朝、シャワーを浴びてそのときにシャンプーをするかたがいますが、それは間違いです。
髪というのは夜のうちに育ちます。
そんなため、サラサラ髪のためには前日ぶんの汚れを次の日の朝まで持ちこしてはいけません
夜、眠るまえに髪を綺麗な状態にすることが髪をサラサラにするための第一のポイントです。

②しっかりとした睡眠をとる

前述のとおり、髪は夜のあいだに育ちます。
そのため質の良い睡眠をしっかりととるようにしてください。
傷んだパサパサの髪の毛サラサラにする方法
具体的には22時から2時のあいだに眠っていることが理想といわれています。
ですが忙しい毎日を送るなかで、なかなか22時に眠るということはできません。
そんなときはせめて日付が変わる0時までには眠れるように目標を立てて生活してください。
こういった毎日の睡眠がサラサラ髪には大切なのですから。

③食生活や生活習慣を見なおそう

日々のストレス喫煙習慣などは、ダイレクトに髪のパサつきの原因につながってきます。
また、髪に栄養をあたえるという意味でも日々の食生活がだいじになってきます。
毎日3食欠かさずに食事をとるようにしてください。
傷んだパサパサの髪の毛サラサラにする方法

髪の成長や脱毛予防に効果のある栄養素

たんぱく質亜鉛ビタミンB群葉酸ビタミンAビタミンCビタミンEなど。
傷んだパサパサの髪の毛サラサラにする方法
ほかにもオメガ3系オイルをおおくふくむ亜麻仁(アマニ)オイルウォールナッツサーモンサバイワシなども髪の健康には絶大な効果を発揮します。

④ただしいドライヤーのつかいかたをしよう

ドライヤーを使用するときは頭皮に近づけすぎてはいけません。
だいたい15センチくらい離した場所から、手をこきざみに揺らしあてるようにしてください。
そうすることによって一点集中でドライヤーの熱が髪や頭皮につたわらず、結果髪のダメージを最小限におさえてくれます
傷んだパサパサの髪の毛サラサラにする方法
ほかにも、おなじ場所にばかり熱をあたえ続けると切れ毛の原因にもなりますので注意が必要です。
また、髪の毛は根もとが乾けば、自然に全体が乾くという性質を持っています。
ですので、根もとを乾かすことを意識し、ドライヤーはなるべく低温短時間のうちに終わらせるようにしてください。
髪にやさしいマイナスイオンドライヤーの使用などもオススメです。

⑤ブラッシングはていねいに

まずは髪から汚れ抜け毛をとりのぞきます。
絡まった髪をときほぐして、毛先からていねいにブラッシングしてください。
それが終わったら今度は根もとから毛先にむかってブラッシングしていきます。
皮脂を髪全体にいきわたらせるイメージでおこなうと良いでしょう。
傷んだパサパサの髪の毛サラサラにする方法
最後に頭皮を軽くマッサージしてブラッシングは完了です。

最後に

以上の5つのポイントでわかるように、パサパサ髪をサラサラ髪に変身させるには、日々の生活習慣がだいじということです。
今日、髪に良いことをしたから、即、明日からサラサラ髪になるということはありません。
この5つのポイントを意識しながら日々をすごし、これから始まる秋、冬の乾燥する季節から髪の毛を守ってあげてください。

あなたの髪がサラサラになりますように、願いをこめて。

スポンサーリンク
 
Return Top