スマホ・携帯電話

スマホ速度制限回避のためにやるべきこと│データ使用で使いすぎ警告する方法

うのたろうです。
スマホのデータ使用量って、気づいたら契約上限ぎりぎりになっていたりしますよね。で、月末まであと何日だ――なんて頭のなかで計算して。それで「これならOK」なんて思うのですが、けっきょく計算通りにはいかなくて、月末の5日間くらいは制限をかけられてしまって……

そんな場合便利なのが「モバイルデータ通信をスマホで制限する方法」です。

設定はシンプルなのでぜひご活用ください。それでは見ていきましょう……

SPONSORED LINK

モバイルデータ通信をスマホで制限する方法とは?

使用するモバイルデータ通信量の上限を設定して、スマホが上限以上の通信をおこなわないようにする方法です。

この方法のメリットは2つ。

1つ目は「上限に達したらスマホがデータ通信をしなくなる」ということ。
2つ目は「モバイルデータ通信量が設定した上限に近づいたとき警告を表示して『上限まであとすこしですよ』ということを教えてくれる点」です。

この設定をするだけで、こまごまと「今、何ギガだ?」なんてことを気にしないでつかっていられるので精神衛生上らくになります。

それでは、その設定の方法です。

モバイルデータ通信をスマホで制限する方法の設定方法

設定→データ使用→モバイルデータの制限を設定

まずは設定画面をひらきます。スパナのアイコンのところです。
「データ使用」をタップすると「モバイルデータの制限を設定」という項目がでてきます。それを選択してください。
注意事項がポップアップで表示されますので、確認してOKを押します。
スマホパケット通信上限設定方法警告
※「モバイルデータ制限を設定する」にチェックマークがはいっていることをご確認ください。

上限値と警告値を指でスライドさせて設定

次に画面したのグラフから上限値と警告値を設定します。
赤いラインが上限値で、オレンジ色のラインが警告値です。それぞれ指で任意のおおきさに設定してください。

以上で設定は完了です。

モバイル通信が警告値に達したときスマホ画面上部に「今月つかいすぎですよ」という表示がでて、上限値に達した場合モバイルデータ通信がその月はできなくなります。
スマホパケット通信上限設定方法警告
※もちろん設定は「モバイルデータの制限を設定」のチェックをはずすことで解除することができるのでご安心ください。

まとめ

これをしたからといってデータ通信を押さえられるわけではありません。ですが、四六時中気にしなくてOKで警告の時点でお知らせがでてくるので「いきなり速度制限をかけられた」なんていうことはなくなると思います。

以上。
うのたろうでした。

スポンサーリンク
 
Return Top