アニメ

【メロディペーブとは?】芦ノ湖スカイライン詳細│エヴァの曲が聴ける場所はここ!

うのたろうです。
2015年4月21日、箱根にエヴァの道が完成します。
なんと、道路を走ると道路から新世紀エヴァンゲリオンの主題歌である「残酷な天使のテーゼ」がきこえてくるというのです。

これはいったい、どういうことなのでしょうか?

見ていきましょう……

SPONSORED LINK

エヴァの曲がきこえる道路とは?

4月21に開通する「芦ノ湖スカイライン」のことです。芦ノ湖スカイラインは富士の絶景が楽しめるドライブにぴったりのワインディングロード。
そんな新たなスポットが箱根にできるということで以前から注目が集まっていました。
箱根メロディーペーブ音響道路エヴァンゲリオン芦ノ湖スカイライン
そんななか「箱根といったらエヴァじゃね?」ということで、芦ノ湖スカイライン(有料)の一区画で、人気アニメ「エヴァンゲリオン」のメロディペーブを採用したというのです。

目的は箱根町への観光誘致。この道路をある一定の速度で走ると「残酷な天使のテーゼ」の一節がきこえるといいます。ではそもそも……

メロディペーブとは?

メロディペーブとは「音響道路」とも呼ばれているもので、連続的に設けたグルービングの一種です。

グルービング……

といってもわかりづらいですよね。
グルービングというのは、わかりやすくいえばカッターが付いているローター。もっとかみくだいていえば、道路上のこまかい溝のことです。よくカーブがきつい道路なんかだと車が急にガタガタしたりしませんか?
箱根メロディーペーブ音響道路エヴァンゲリオン芦ノ湖スカイライン
あれは舗装路面にわざと横断方向(溝幅9mm、溝の深さ6mm)の細い溝を連続して設けることにより路面の排水機能をアシストしたり、タイヤのすべりを防止させたりして走行時の安全にひと役買っているほか、タイヤの振動や音でドライバーの眠気を覚ましてくれるという安全上のシステムでもあるのです。

それの応用がこのメロディペーブです。グルービング間隔を調整することによって「ガタガタガタ」というノイズがが「ざ・ん・こ・く・なっ……」というような音楽に聴こえてくる仕組みといえばわかりやすいでしょうか? では……

メロディペーブの鳴らし方は?

その道路を一定の速度で走ることにより車内でメロディを聴くことができます。その一定速度というのは法定速度である40キロ。このスピードで走行することによって音楽が聴けるのです。

※「残酷な天使のテーゼ」は下り車線――つまり御殿場方面から箱根峠へと走行するときくことができます(下記の看板がでているので安心です)。
箱根メロディーペーブ音響道路エヴァンゲリオン芦ノ湖スカイライン

ちなみにこの音響道路は2009年4月29日に完成した「ふじの山 メロディペーブ」に次ぐ国内で2番目のメロディペーブスポットで東京から一番近いメロディペーブになるのだそうです。最後に……

芦ノ湖スカイライン(有料道路)の概要は?

芦ノ湖スカイラインは、御殿場方面と箱根・伊豆を結ぶ有料道路です。概要は以下の通り。

【所在地】静岡県裾野市、御殿場市、三島市、神奈川県箱根町
【普通車料金】一般区間/620円 特別区間/100円
【営業時間】7:00~19:00

【一般区間】箱根峠~湖尻
【特別区間】湖尻~湖尻水門

まとめ

大人気のエヴァンゲリオンのテーマ曲が聴こえるメロディーロードということで注目があつまっている芦ノ湖スカイライン。ぜひ、デートや家族とのおでかけに2015年のゴールデンウィークにおでかけしみてはいかがでしょうか?

エヴァ大好き。
うのたろうでした。

スポンサーリンク
 
Return Top