ファッション

セイコー5 カスタム手順│SNKL29J1 バンドのラグ幅は? 日本製SEIKO5の改造

うのたろうです。
本日、SEIKO5のカスタムのお話です。
前回のSNK789K1に続いての2本目。今回はメイドインジャパンのモデルです。
前回のカスタムはこちら→SNK789K1カスタム

で。
今回は……

SNKL29J1

どんなモデルで、どんな感じになるのでしょうか。見ていきましょう……

SPONSORED LINK

SNKL29J1とは?

末尾がJ1と書いてあるので日本製ということ。メイド・イン・ジャパンのSEIKO5です(海外製は末尾がK1)。
SNKL29J1セイコー5SEIKO改造カスタム日本製madeinjapanメイドインジャパンメタルバンドレザーベルト幅
特徴としましては、文字盤と裏側とキャリバーにMADE IN JAPANの文字が記載されていること。そして、価格が海外製のものよりも1500円~2000円ほど高額であるということ(5000円~1万円がセイコー5のおもな価格帯なのでこの1500円はかなりでかい!)。

ですが、まあ。
このモデルは日本製しかないので致し方ありません。ほしかったので購入しました。

SNKL29J1改造前

SNKL29J1の見た目としてはこんな感じ。ローマ数字が描かれていてなかなかカジュアルな印象です。そして4時の位置にある竜頭が隠れリューズになっているところもこのモデルの特徴です。
SNKL29J1セイコー5SEIKO改造カスタム日本製madeinjapanメイドインジャパンメタルバンドレザーベルト幅
で。
価格はやっぱりちょっぴり高い。同時に買ったSNKL789K1が7000円だったのに対して、このSNKL29J1は8300円でした。で、今回もメタルバンドが安っぽくてだちゃいので、ちゃちゃっとはずしてレザーベルトに交換します。

SNKL29J1の改造

いつもの明工舎のバネ棒外しを使用します。
SNKL29J1セイコー5SEIKO改造カスタム日本製madeinjapanメイドインジャパンメタルバンドレザーベルト幅
でんっ。
SNKL29J1セイコー5SEIKO改造カスタム日本製madeinjapanメイドインジャパンメタルバンドレザーベルト幅
メタルバンドの分離完了。ダルマ状態です。
そして、Amazonで購入のDバックル付き本革レザーバンド(幅18mm)を装備させます。
SNKL29J1セイコー5SEIKO改造カスタム日本製madeinjapanメイドインジャパンメタルバンドレザーベルト幅
こいつを合体させると……

ででんっ!
SNKL29J1セイコー5SEIKO改造カスタム日本製madeinjapanメイドインジャパンメタルバンドレザーベルト幅
かっけー。

レトロでカジュアルな印象になりました。
襟付きシャツにも、カットソーにも似あう感じがいい感じ。
ふだん使いによさげです。

SNKL29J1改造後

【本体(SNKL29J1)】8300円
【ベルト+Dバックル】980円
SNKL29J1セイコー5SEIKO改造カスタム日本製madeinjapanメイドインジャパンメタルバンドレザーベルト幅
【合計】9280円

※ラグ幅は18mm

今回のカスタムは腕時計本体が高額(SEIKO5にしては)だったため、高価なものになってしまいました。ですが、なかなかカッコいいです。

SNKL29J1セイコー5SEIKO改造カスタム日本製madeinjapanメイドインジャパンメタルバンドレザーベルト幅

まとめ

SNKL29J1はシルバーの文字盤にブラックのようなネイビーのような色あいのアラビア数字がプリントで描かれているためかなりレトロな雰囲気をだしてくれます。

ぼくが装備させたのはラグ幅18mmのブラックでプレーンの本革レザーベルトだったのですが、型押しのバンドもオシャレかもしれません。

なににせよ次のカスタムが今から楽しみだったりします。気軽にカスタムできる機械式の腕時計・SEIKO5、オススメですよ。

うのたろうでした

スポンサーリンク
 
Return Top