うのたろう小説ブログくろおと

うのたろう小説ブログくろおと

ファッション

メンズ ハーフパンツ・ショートパンツの女子ウケは?スネ毛は剃るべき?コーディネートは?丈の長さはどこがいい?

うのたろうです。
暑いですね、毎日。

というわけで。
本日は、メンズショーツ(ハーフパンツ)のお話し。ネットでいろいろ見るけれど、ぶっちゃけショートパンツって女子ウケどうなの? といったところをコーディネートとともにご紹介いたします。

 

SPONSORED LINK

2015夏メンズ ショーツについての女性の意見は?

こんなアンケートがあります。

Q.男性が短パンを履くのはアリ? ナシ?
ショーツメンズ2015ファッション女子ウケモテる丈ダサいオシャレキモい
A.アリ……73% ナシ……27%

ということは、基本的にハーフパンツを履いても女子ウケが悪くなるわけではないということです。では、なぜ「メンズのショーツコーデはダサい」や「キモい」などといわれるのでしょうか? その答えは丈の長さにありました。

Q.腿だしメンズショーツはアリ? ナシ?
ショーツメンズ2015ファッション女子ウケモテる丈ダサいオシャレキモい
A.アリ……11% ナシ……89%

つまり、この長さが「キモい」や「ダサい」といわれるゆえんだったのです。2015年流行の膝上10何センチというようなバミューダ的なショーツは完全にNGな女性が多いため、オススメの丈のは膝にかかるかかからないかという長さ。いくら短くても膝がでるていどに抑えておくのがベストです。

また、すね毛についての意見は以下の通りです。

Q.すね毛が濃い男性がショーツを履くのは気になる? 気にならない?
ショーツメンズ2015ファッション女子ウケモテる丈ダサいオシャレキモい
A.気になる……37% 気にならない……63%

このあたりは微妙なところです。
逆にツルツルすぎるのも気持ち悪いといわれてしまうのでバランスがだいじになってきます。

ちなみに。
ぼくは、すきカミソリというアイテムで長さを短くカットしています。
これだけで自然な薄さになるのでオススメです。これを踏まえて……

2015夏モテるメンズショーツは?

ショーツメンズ2015ファッション女子ウケモテる丈ダサいオシャレキモい
流行と女子ウケを考えると、だいたいこれくらいがベストな長さです。
ショーツメンズ2015ファッション女子ウケモテる丈ダサいオシャレキモい
これよりも短いと「キモい」といわれてしまい、逆に膝よりも丈が長いと子どもっぽくなってしまい「ダサい」といわれてしまいます。
ショーツメンズ2015ファッション女子ウケモテる丈ダサいオシャレキモい
ショーツはカジュアルなアイテムですので、そのカジュアルさを抑えるために、できるだけカッチリした素材で無地のものを選ぶことをオススメします。初めてショーツを買う場合は、ブラック、ネイビー、チャコールなどがトップスを選ばないのでオススメです。では……

オススメのショーツをつかったメンズコーデは?

次にハーフパンツを履いてもダサくならないためには全身のコーディネートが重要になってきます。ですのでトップスにはかならず無地のアイテムを持ってくるようにしてください。

オススメはホワイトのリネンシャツ。それも長袖。半袖や半端袖はダサくなってしまいますので、長袖をロールアップして着用するようにしてください。

あるいはボートネックのボーダーカットソー(七分袖)や半袖のサマーニットをあわせるのもオススメです。
ショーツメンズ2015ファッション女子ウケモテる丈ダサいオシャレキモい
ですが一番はやはり、襟つきのシャツです。
ボタンをしめてきっちりと着こなしつつラフさをだすと良いでしょう。

シューズは無地のスリッポンかエスパドリーユ、あるいはデッキシューズなどがオススメです。だらしなくなるのを避けるためサンダルはひとまず選択肢からはずしてかまいません。

シューズに迷ったら、VANSのエラかスリッポンを買うと良いでしょう。これだけで簡単にショーツをつかったオシャレなメンズコーディネートができあがります。

こちらにもオススメのショーツコーディネートや、このページで紹介したショーツがあります↓

きちんとしたものを選べば清潔感もありダサくないので、女子ウケも悪くありません。

最後に

以上がメンズのショートパンツのオススメの丈の長さと着こなし方です。
これさえ守ればショーツは怖くありません。丈に注意しオシャレに着こなせば決して女子ウケの悪いアイテムではなくなるのです(ただし初デートのときなどはショーツNGです)。

2015年夏。
暑さをしのぐためにショーツでオシャレなメンズコーディネートをしてはいかがでしょうか? TPOにあわせてね。

うのたろうでした。

スポンサーリンク
 
Return Top