うのたろう小説ブログくろおと

うのたろう小説ブログくろおと

ファッション

WEGOメンズ黒ガウチョ比較!エアツイルタックVSベルト付きショーツ

うのたろうです。
WEGOのメンズガウチョのシルエット比較についての情報です。
くらべるのは以下の2つ。

・エアツイルタックボリュームショーツ
・ベルト付ボリュームショーツ

このよく似た2つの商品を実際、両方履いてみて、どちらが太かったのかや長かったのかなど違いを見てみました。

その結果のレビューをご紹介いたします。

 

SPONSORED LINK

 

WEGO「エアツイルタックボリュームショーツ」「ベルト付ボリュームショーツ」とは?

どちらも2017年s/s(春夏)の商品です。
価格はどちらも2990円(税別)。

そしてウエストがゴムではないというのもこの2商品の大きな特徴です(このシーズンのメンズガウチョはほかの商品はすべてウエストゴムですので、ほかのブランドもふくめてゴムではないタイプというのはかなり貴重です)。ここまでは2つの商品はまったくいっしょです。

「エアツイルタックボリュームショーツ」「ベルト付ボリュームショーツ」大きな違いは?

ぼくはおなじ「黒」を着用し比較しました。黒の色はまったくいっしょでした。素材による色の差などもありませんでした。
両方ともスラックスとチノパンの中間のような素材です。そんななか大きな違いは以下のもの。

○エアツイルタックボリュームショーツ○
WEGOメンズガウチョ比較
・ベルト付~にくらべて素材がわずかにゴワゴワしている
・そのため履いたとき裾が微妙にフレアしたシルエットになる
・ウエストの内側にウエスト調整用のヒモがついている

○ベルト付ボリュームショーツ○
WEGOメンズガウチョ比較
・エアツイル~にくらべてやわらかい
・そのため履いたときストンと落ちるシルエットになる
・ウエストには取り外し可能な同素材ベルトがついている

これが大きな違いです。
履いたときの具体的な違いについてもご紹介いたします。

「エアツイルタックボリュームショーツ」「ベルト付ボリュームショーツ」履いたときの違いは?

「エアツイルタック~」は履いたときにパンツの左右の足のあいだに空間がなくなるのが特徴です。
「ベルト付き~」の方が履いたときのシルエットがわずかに細くて長いため、直立したとき左右の足のあいだに空間ができます。違いはこちら。

WEGOメンズガウチョ比較
※裾幅&長さの比較(下が「ベルト付き~」、上は「エアツイル~」)

ただし、どちらもそれほど大きな差はありません。
172cm/53kgやせ型のぼくが着用すると両者とも最小のMサイズでもウエストはガバガバ。ベルトや紐をしめたときの丈の長さはひざとすねのあいだくらいでいでした。

まとめ

この2つの商品は色もまったくおなじでシルエットが微妙に違うていどです。
個人的には「ベルト付き~」は少し細いため比較したときバランスがとりづらいかなというのが印象でした。

もっとも「比較したとき」に感じる差なので、この2つの商品はあまり違いがないというのが正直なところです。

いちおう個人的なオススメは「エアツイルタック~」です。
うのたろうでした。

スポンサーリンク
 
Return Top