うのたろう小説ブログくろおと

うのたろう小説ブログくろおと

マクドナルド

マック「ワッフルコーン」味の感想・カロリーは?朝は販売していない!

うのたろうです。
2018年4月25日、マクドナルドの新商品「ワッフルコーン」が発売されました。

プレーンをベースに、チョコ&アーモンド、ストロベリーと全3種類が販売されています(初登場時の2018年4月)。

さっそく、ベースとなるプレーンの「ワッフルコーン」を食べてみたので、味の感想とカロリーの情報をご紹介いたします。

 

SPONSORED LINK

 

マック「ワッフルコーン」とは?

今回、初登場のメニュー。
レギュラーメニューのスイーツ商品。

ベースはマクドナルドの人気定番商品「ソフトツイスト」
そのソフトクリームのコーンがワッフルコーンになったという商品です。

そして、ワッフルコーンのシリーズは、この「プレーン」がベースとなって、そこにジャムやソースがかかっているという形です。
詳細はこちら。

マック「ワッフルコーン」詳細は?

ワッフルコーン2

【価格】150円(税別)
【カロリー】232kcal
【販売期間】2018年4月25日~
【販売時間】10:30~翌1:00
【販売店舗】全国のマクドナルド(一部店舗をのぞく)

カロリーは232kcal
これがベースになっていて、ほかのフレーバーはこのプレーンのワッフルコーンにジャムやチョコレートソースがかかっているという形です。

朝マックと深夜の時間帯の時間は販売されていませんので、注意してください。
ぼくはたまたまプレーンだけクーポンがないタイミング(ほかの2つのフレーバーは10円引きのスマホアプリのクーポンがありました)でしたので、150円で購入しました。

マック「ワッフルコーン」味の感想は?

まずは見た目からです。
どーん。

ワッフルコーン1
※ドリンクSサイズのカップをもらって立てています

第一印象は、まず「でかい!」です。
これ、150円なのにめちゃくちゃ大きいです。
見た目のお得感がハンパないです。

また自動的にスプーンがついてくるのもソフトツイストと違うところです。
ソフトツイストも店員さんにたのめばスプーンをもらうことができます。

ちなみに、カップは店員さんにたのめばもらえます。
専用の固定カップはないので、ドリンクのSサイズのものをもらえば、そこにワッフルコーンを立ててテーブルのうえにもおくことができます。

それでは、いただきまーす。

ワッフルコーン3

うまーい。
あまーい。
冷たーい。

いいっ。
これはシンプルでおいしいです。
味はソフトツイストそのままなんですが、しっかりとした食べごたえがあるので贅沢感があります。

ワッフルコーン4

マックのソフトクリームは薄味のさっぱり系ですので、甘いものが苦手な男性もおいしく食べられるなとかんじました。

またさっぱりした味わいなので、夏の暑い日も食べやすい味だなと感じました。

ただし、ワッフルコーンがいまいちの部分があります。
パリパリはするのですが、内側に割っていくことができません。

そのため、ポロポロと崩れてしまってうまくソフトクリームのなかに落とせません。

ワッフルコーン5
※こんな感じになってしまいます

大きなかけらでソフトクリームをすくうのがおいしいのに、それができないのがちょっぴり残念。

ソフトクリーム自体はスプーンで食べられるのですが、けっきょくワッフルコーンにかぶりつかなければいけなくなってしまうため、女子は抵抗があるかなと感じてしまいました。

うーむ。
味はおいしいのに……

まとめ

さっぱりしているため、老若男女が食べやすいソフトクリームです。
ただし、じゃっかんの食べづらさ(コーン部分)が残るため、デート中にはあまりむかないかなとも感じました。

スイーツとしてはおいしいですし、なにより安いのが嬉しいです。

ストロベリーもかなりおいしいですが、個人的にはこのプレーンが一番だと感じました。
定番商品ですので、チェックしてみてください。

うのたろうでした。

スポンサーリンク
 
Return Top