雑記

【画像】吉野家「ベジ丼」のカロリーは?値段は?どんな味がするの?詳細情報はコチラ!

うのたろうです。
牛丼の吉野家が東京駅八重洲通り店など一部店舗で限定販売されていた「ベジ丼」を全国展開して新発売するそうです。

いつから発売で、どんな見た目?
そして値段はいくらで、カロリーはどれくらいなんでしょうか?
詳しく見ていきましょう……

SPONSORED LINK

吉野家のベジ丼とは? 詳細情報

吉野家のベジ丼のラインナップは3種類です。

ベジ丼、ベジ牛、ベジカレー

見た目としてはこんな感じ。
吉野家ベジ丼八重洲口限定全国カロリー味
【発売日】2015年5月21日(木)10時より
【販売店舗】全国の「吉野家」店舗

ベジ丼の味は? 特徴は?

特徴はそれぞれ11種類の温野菜を使用しているということ。
コンセプトが「健康且つ食べ応えのある商品」というだけあって、味はゴマ油の風味が食欲をそそる特製の「うま塩ダレ」を使用。そのためサッパリしているけど、ガッツリ食べた感のある一品になっています。
吉野家ベジ丼八重洲口限定全国カロリー味
ちなみに、現在、東京駅八重洲通り店で店舗限定で販売されている実物のベジ丼です。

これを見てもわかるように「ベジ丼」は具材が野菜だけといっても、けっこうガッツリしています。なぜなら、この量だけで一日に必要とされる野菜の半分(半日分)を盛りつけているのです。そのため食べごたえもバッチリです。では……

ベジ丼の11種類の温野菜は?

ヤングコーン、オクラ、ブロッコリー、サツマイモ、赤パプリカ、黄パプリカ、インゲン、ニンジン、キャベツ、ニラ、玉ネギ

※野菜は季節により変わる場合があるそうです

ベジ丼の値段は?カロリーは?

吉野家ベジ丼八重洲口限定全国カロリー味
【価格】530円(税込)
【カロリー】415kcal

上記の11種類の温野菜が盛りつけられた一品。なんと一杯で415kcalしかありません。通常の吉野家の牛丼が669kcalなのでヘルシーさは一目瞭然。3種類すべてのどんぶりのベースになるのがこの形です。

ベジ牛の値段は?カロリーは?

吉野家ベジ丼八重洲口限定全国カロリー味
【価格】650円(税込)
【カロリー】598kcal

ベースであるベジ丼に小盛りサイズの牛丼が追加で乗っている一品。そのためよりガッツリ食べたい人にオススメです。

ベジカレーの値段は?カロリーは?

吉野家ベジ丼八重洲口限定全国カロリー味
【価格】650円(税込)
【カロリー】650kcal程度

こちらは吉野家の旨辛カレーに温野菜を盛り付けた商品です。これだけ詳細情報がありませんでしたので吉野家のデータからカロリー計算をしました。

※計算式は以下のとおりです。

①【ベジ丼(415kcal)】-【ご飯(375kcal)】=【温野菜(40kcal)】
②【旨辛カレー(610kcal)】

①の解(温野菜)+②(旨辛カレー)=【ベジカレー】650kcal

最後に

現在でも「東京駅八重洲通り店」など一部店舗で食べられる吉野家のベジ丼ですが、全国展開することによってさらに人気がでてきそうですね。

味も濃く、それぞれの野菜の食感に変化があるため単調ではなく楽しみながら飽きることなく最後まで食べられます。
そしてガッツリしているのでもの足りなさはぜんぜんなく、またさっぱりしているので男性にも女性にも愛される一品になるのではないでしょうか。
もちろん、ぼくのように大食いの人はじゃっかん足りなさは否めません。そいった場合ベジ牛にするとさらに満腹感を得られるだろうと思います。

牛丼大好き。
うのたろうでした。

スポンサーリンク
 
Return Top