雑記

あなたの衣替えは大丈夫? 春夏ものをしまうときに気をつけなければいけない3つのポイント

うのたろうです。
あなたの衣替えは大丈夫ですか?

といいますのも。
通常、衣替えというのは「春夏もの」「秋冬もの」とわけて、年2回おこなうかたがおおいと思います。

では。
そんな衣替えのさい、気をつけなければいけない3つのポイントがあるのをご存じでしょうか?
ポイントというよりも、3つの対策です。

ということで。
本日は、その3つのポイントについてお話ししてきます。

SPONSORED LINK

衣替えのときの3つのポイント

それは。

①汚れ対策
②虫対策
③紫外線対策

です。
まあ。
これを分解してみていきます。

①の汚れ対策

これは衣替えのさい、衣装ケースなどに洋服をしまうと思います。
そのときに、シーズンが終わった洋服は一度すべて洗濯あるいはクリーニングしなければいけません。
そうしないと、次の衣替えのときに後悔します。
汚れが落ちていないものを長いあいだ放置しておくと、首まわりや袖口などが黄色く変色してしまいます。
たとえ汚れていないように見えるものや、そのシーズンに一度も着用しなかったものでも、衣装ケースにしまうさいはかならず洗濯をするようにしてください。

②の虫対策

これはとくに秋冬ものをしまうときに気をつけなければいけません。
綺麗に洗濯した洋服をしまうことはもちろん、衣装ケースには防虫剤をいれさらにはきちんと密封してカツオブシムシなどの害虫からシーズンが終わった洋服を守ってあげてください。

③の紫外線対策

通常衣装ケースというのは透明のスケルトンということがほとんどです。
この衣装ケースを部屋の日あたりのよい場所においてしまうと大変なことになってしまいます。

といいますのも。
紫外線には、とんでもない漂白効果があるからです。
この漂白効果を甘く見てはいけません。

この③を怠ったせいで……

ちなみにぼくの失敗は、透明の衣装ケースをひと冬ずっと窓ぎわにおいておいたら、中身の洋服が紫外線の漂白効果で、おもいっきり脱色されちゃいました。

そりゃあもう驚くくらいに真っ白。
折り目にそって。
赤い洋服なんて片腕だけライトピンクになっていて、逆の腕は色落ちせずダークレッドのままなんていうことになっちゃったのです。

こうなっちまうとさすがにもう涙さえもでてきません。
無表情になって、洋服を捨てるほかありません。
左右色違いの袖を持つアバンギャルドな洋服なんて着る度胸はぼくにはありません。

せっかく汚れ対策もし、虫対策もしたのに、おいておく場所を間違えてしまったため、なかの洋服が全部台なしになってしまうということがあるのです。

この3つのポイントに注意して、失敗しない衣替えを心がけてください。

スポンサーリンク
 
Return Top