雑記

csrss.exeはウイルス?│簡単にタスクマネージャのプロセス見極める方法

うのたろうです。
パソコンのタスクマネージャをひらいたとき、プロセスのなかに「csrss.exe」というものがあります。

I/O読み取りでかなり高い数値をだしているほか、メモリも1800前後使用していて優先度も「高」ということになっています。これはウイルスなのでしょうか?

そういった疑問についての回答です……

SPONSORED LINK

「csrss.exe」はウイルス?

結論からいえば、おそらくウイルスではありません。

csrss.exeはWindowsのシステムファイルです。
つまり、これが動いていなければWindowsは起動しない――そういったパソコンにとっての必須プロセスです。そのため優先度は高く、つねにメモリ消費もしているというわけです。
csrss.exeウイルス安全見極める方法なに
しかし。
この名前で隠れているウイルスも存在します。
ですので、この名前のファイルがウイルスであった場合には要注意です。

「csrss.exe」がウイルスか安全なものなのかを見極める方法

「スタート」→「すべてのプログラム」→「スタートアップ」
csrss.exeウイルス安全見極める方法なに
このなかに「csrss.exe」ファイルがあるかないかを確認してください。

「csrss.exe」がない場合

→ウイルスではありません。安心してください。

※通常「csrss.exe」は「C:¥Windows¥System32」という場所にはいっています。そしてパソコンが起動すると自動的に動くというプロセスになっています。

「csrss.exe」がある場合

→ウイルスです。対策が必要です。

まとめ

タスクマネージャのプロセス「csrss.exe」は必須プロセスです。ほとんどの場合、ウイルスではありません。

しかし、ごくまれに「csrss.exe」の名前に偽装したウイルスも存在します。
その場合は、「スタート」→「すべてのプログラム」→「スタートアップ」のなかを調べてください。

これで「csrss.exe」がウイルスかウイルスじゃないかという判断ができます。
うのたろうでした。

スポンサーリンク
 
Return Top