雑記

キーボードデバイス再インストール方法(Windows7&Vista)Ctrlが押される不具合を解消するやり方

うのたろうです。
本日、Windows7(vista)のキーボードデバイスの再インストールの方法の説明をいたします。

パソコンに悪影響を及ぼすことなく簡単にキーボードデバイスだけを再インストールできる簡単な方法ですので、ぜひご活用ください。

SPONSORED LINK

「キーボードデバイスの再インストール」はどんなときに必要なの?

キーボードの挙動がおかしいときなどに有効な手段です。
ぼくの場合は「勝手にCtrlキーが押されたままの状態になってしまう(勝手にShiftキーが~というパターンもあるそうです)」というwindows側の不具合を直すためにこの方法をとりました。

キーボードデバイスを入れ直せば、そういった不具合がなおる可能性がかなり高いです。それではやり方を見ていきましょう……

キーボードデバイスの再インストール方法

キーボードデバイス再インストール方法WINDOWS7VISTAやり方簡単
まずはスタートからコンピュータにカーソルをあわせて右クリックをしてください。

②プロパティ→デバイスマネージャー→キーボード
キーボードデバイス再インストール方法WINDOWS7VISTAやり方簡単
うえの順番にクリックしてください。キーボードが展開されます。
キーボードデバイス再インストール方法WINDOWS7VISTAやり方簡単
※ぼくの場合、HDIキーボードデバイスが2つ、ここに表示される名前が重要になってきます。

③展開されたキーボードデバイス(ダブルクリック)→ドライバータブ→ドライバーの更新
キーボードデバイス再インストール方法WINDOWS7VISTAやり方簡単
使用中のキーボードを選びダブルクリックをします(HDIキーボードデバイスの場合は、両方とも順番に更新してください)。ドライバーの更新をクリックします。

④コンピューターを参照してドライバーソフトウエアを検索します→コンピューター上のデバイスドライバー一覧から選択します
キーボードデバイス再インストール方法WINDOWS7VISTAやり方簡単
うえの順番にクリックしてください。

⑤互換性のあるハードウェアを表示のチェックをはずす→
キーボードデバイス再インストール方法WINDOWS7VISTAやり方簡単
⑥製造元「標準キーボード」→「②で表示されたキーボードデバイス」を選択

※ぼくの場合、②で記載のあったHDIキーボードデバイスを選択します。

⑦インストール開始→完了

これでキーボードドライバーの再インストールが終わりました。場合によってはコンピューターの再起動を求められることもあります(その場合、再起動をしてください)。

まとめ

以上で、Windows7(vista)でのキーボードデバイスの再インストールは完了です。
これで上記のような「Ctrlキー(あるいはShiftキー)が押しっぱなしになる」といった不具合が解消されます。

ぜひお試しください。
うのたろうでした。

スポンサーリンク
 
Return Top