雑記

新幹線こだま 停車時間が長い駅は9つ│停車時間は?ホームに売店や駅弁はあるの?

うのたろうです。
本日、新幹線「こだま」の上り(東京方面行き)の停車時間が長い停車駅についてのお話しです。

5分以上停車する駅ではホームの売店で駅弁当の買い物ができます。それでは、どんな駅が長く停車するのでしょうか?

見ていきましょう……

SPONSORED LINK

東海道新幹線「こだま(上り電車)」が長時間(5分以上)停車する駅は?

新大阪→東京の区間で全9駅あります。

米原
岐阜羽鳥
豊橋
浜松
掛川
静岡
新富士
三島
小田原

この9つの駅がそれにあたります。
ちなみに東海道新幹線「こだま」では車内販売おこなっていないため、こういった長時間停車する駅が重宝されるというわけです。では……

それぞれの駅の停車時間は?

※カッコ内は停車時間です(2016年2月9日現在)
新幹線こだま上り東京方面大阪長い時間停車する駅何分駅弁ホーム買える売店
◎.米原駅(5分)
→売店、そば屋、弁当屋があります。弁当屋のみ離れた場所、先頭の階段近くにあります。

◎.岐阜羽島(6分)
ホームに売店・弁当屋はありません。自販機のみがあります。

※次とその次の停車駅、名古屋、三河安城では、通過待ちはなく、短時間の停車。買い物は不可能

◎.豊橋(6分)
→売店、弁当屋があります。

◎.浜松(5分)
→ホームに弁当屋、売店があります。

◎.掛川(5分)
ホームには売店のたぐいはありません。自販機のみあります。

◎.静岡(4分)
→ホームに売店、弁当屋があります。

◎.新富士(5分)
→ホームには売店や弁当屋はありません。自販機のみです。

◎.三島(5分)
→ホームに売店、弁当屋があります。

※次の熱海ではは通過待ちはありません

◎.小田原(5分)
→ホームに売店、自動販売機があります。

まとめ

「岐阜羽鳥」「掛川」「新富士」は停車時間が長いですがホームには自動販売機しかありません。

その他の駅の場合は、売店と駅弁販売のためのお弁当屋さんのたぐいがあります。
この記事が「こだま」にのっての新幹線上り旅行の参考になればさいわいです。

うのたろうでした。

スポンサーリンク
 
Return Top