雑記

SR626WとSR626SWの違いは?【ボタン電池】逆にいれるとどうなる?376や377の品番は対応しているの?

うのたろうです。
本日、腕時計のボタン電池のお話し。腕時計のボタン電池は「SR626」というものがほとんどです。

しかし、この型番のボタン電池には末尾が2種類のものがあります。「SR626W」と「SR626SW」です。本日は、この末尾の「W」と「SW」の違いをご説明いたします。それは……

SPONSORED LINK

ボタン電池「SR626W」と「SR626SW」の違いは?

ひとことでいえば「デジタル用」か「アナログ用」かの違いです。具体的には……

・末尾が「W」 ……デジタル時計用(強伝流むきのハイレートタイプ)
ボタン電池SR626SW違い377366型番品番腕時計
・末尾が「SW」……アナログ時計用(弱電流むきのローレートタイプ)
ボタン電池SR626SW違い377366型番品番腕時計
つまり。
Wの方がパワーが強く、SWの方がパワーが弱いということです。この違いを覚えていれば、まずはOKです。基本的にはもともとの時計に使用されていたものとおなじ型番の電池を使用するようにしてください。では……

「W」の電池と「SW」の電池を逆にいれた場合はどうなるの?

①デジタル時計(W指定製品)に「SW」をいれてもいいの?
∟問題ないといわれていますが、電池寿命が著しく短くなる場合があります

②アナログ時計(SW指定製品)に「W」をいれてもいいの?
∟使用に問題はありませんといわれる場合と、電流の供給量が多くなるためショートする場合があるので使用禁止といわれている場合があります

まとめ

デジタル時計には「SR626W」
アナログ時計には「SR626SW」

これがただしい対応電池です。ちなみに100均などでは「SR626W」は「376」という品番、「SR626SW」は「377」という品番で販売されていることもあります。

自分で時計の電池交換をする場合、型番に注意して購入するようにしてください。指定された電池を使用するのが無難です。またどちらも100均で購入することができます。

うのたろうでした。

スポンサーリンク
 
Return Top