雑記

11月7日「いいおなかの日」意味や由来は?2016年は「ココアの日」でごちうさとコラボ!内容は?

うのたろうです。
毎年11月7日は「いいおなかの日」だそうです。
そして2016年からは「ココアの日」ということにもなったそうです。

その意味&由来をご紹介いたします……

SPONSORED LINK

「いいおなかの日」意味・由来は?

毎年11月7日固定の記念日。
制定したのはタカナシ乳業株式会社(神奈川県横浜市)。
由来は語呂あわせ
11月7日いいおなかの日ココアの日意味由来ごちうさ
11月7日

11月07日

1107

1(い)1(い)0(お)7(な)か

ちなみに。
「いいおなかの日」の目的はタカナシ製品の「タカナシヨーグルト おなかへGG!」などをたべてヨーグルトの良さをたくさんの人に知ってもらおう、そして「いいおなか」をつくることを意識するきっかけにしようということです。ちなみに……

「ココアの日」の意味や由来は?

毎年、立冬(りっとう)を「ココアの日」にするという動きが今年(2016年)からスタートしました。立冬は二十四節気のひとつで毎年1日~2日前後します。2016年は11月7日でしたが、2015年は11月8日、2014年は11月7日だったという形です。そのため、「ココアの日」は毎年変動の記念日ということになります。
11月7日いいおなかの日ココアの日意味由来ごちうさ
由来は森永ミルクココアと大人気アニメ「ごちうさ(=ご注文はうさぎですか?)」がコラボして制定した記念日。

森永の公式サイトで「ごちうさ」の限定ボイスを聴くこともできます。

まとめ

立冬――本格的に冬がやってくる季節になりました。
ヨーグルトを食べておなかを元気にし、ココアを飲んでぽかぽかに温まってください。
素敵な一日を。

うのたろうでした。

スポンサーリンク
 
Return Top