うのたろう小説ブログくろおと

うのたろう小説ブログくろおと

雑記

大文字・小文字が混在したパスワードの入力方法│変換&切り替えはパソコンのキーボードでできる!

うのたろうです。
パソコンでパスワードを打つとき「大文字と小文字を混ぜたパスワード」を求められることがあります。そんなときの対処法……

キーボードの「大文字 ⇔ 小文字」の変換方法

こちらをご紹介いたします……

 
SPONSORED LINK

大文字、小文字を混ぜたパスワードの例

入力で文字がつぶれてしまうのならば、事前にキーボードで「大文字」や「小文字」を固定してあげれば問題なくパスワードを入力することができます。たとえば……

例: AaBbCc

こんなパスワードを入力しなければいけない場面があったとします。この6文字をパスワード欄にいれようとすると……

●●●●●●

こんな形でつぶれてしまいます。
これではなんの文字を打ったかわかりません。そんなときの対処法は2つあります。そのやり方は……

①「AaBbCc」をコピペでパスワード欄に貼りつける

メモ帳でもワードでもブラウザの検索欄でもなんでもOKですので、この大文字小文字が混ざったパスワード入力して、それをコピー。その後、パスワード欄に貼りつける。
パスワードキーボード大文字小文字変換固定方法パソコンやり方
ただしパスワード欄によってはペーストができないこともあります。そんなときは以下の②の方法を試してみてください

②キーボードの「大文字 ⇔ 小文字」を切り替えて固定する

詳しいやり方は以下の通り

キーボード「大文字 ⇔ 小文字」の変換方法

パスワードキーボード大文字小文字変換固定方法パソコンやり方
1.キーボードの「Shift」キーを押しながら「Caps Lock」を同時に押す

2.キーボードのランプが点灯する

3.点灯しているときは「大文字」が打てる

4.再度キーボードの「Shift」キーを押しながら「Caps Lock」を同時に押す

5.キーボードのランプが消える

6.消えているあいだは「小文字」が打てる

つまり「Shift」+「Caps Lock」で大文字と小文字を切り替えることができるということです。

まとめ

キーボードの「大文字」「小文字」は「Shift」+「Caps Lock」で切り替えることができます。

この技をパスワードの入力時などに利用してみてください。大文字、小文字が混在したパスワードを求められたときに便利ですよ。
うのたろうでした。

スポンサーリンク
 
Return Top