うのたろう小説ブログくろおと

うのたろう小説ブログくろおと

スマホ・携帯電話

セリア(100均)イヤホンマイク付の比較&使い方【通常タイプVSカナル型】

セリアスマートフォン用イヤホンマイク

うのたろうです。
seria(セリア)で購入できるスマートフォン用のイヤホンマイクの比較です。
具体的には「通常タイプのステレオイヤホンマイク」と「カナル型(密閉型)のステレオイヤホンマイク」の使用感などの違いです。

実際に両方購入して使用してみました。

どちらが、よりオススメなのでしょうか?
2つを比較してみましょう。

 

SPONSORED LINK

 

セリアのイヤホンマイクの種類は?

イヤホンには耳にいれる部分が「通常のタイプ」のものと「カナル型(密閉型)」というタイプのものの2種類があります。

セリアで販売されているスマートフォン用イヤホンマイクにも、その2種類があります。
バリエーションとしては「通常タイプ」「カナル型」ともにいろいろな種類のものがあります。そのなかでもシンプルな商品は以下の2種類。

・XYZ-13B(=通常タイプ)
・XYZ-32-A(=カナル型)

両者とも両耳タイプのインナーイヤホンです。またセリアにはほかにも片耳タイプのものやヘッドセット型のものが販売されています。

「XYZ-13B」「XYZ-32-A」の違いは?

使い方は両者ともにおなじです。Android(アンドロイド)やPCのイヤホンジャックにさすだけですぐに使用することができます。またその際のコードや差し込み口の形状は両者おなじです。詳細は以下の通り。

【コード長】1m
【差し込み口形状】3.5mm/I型

見たところコードの部分などは、両者ともまったくおなじパーツが使用されている商品ですので、コードによるスペック差はありません。2つの商品の違いは1点。耳にいれる部分の形状です。

※XYZ-13B
セリアスマートフォン用イヤホンマイク

※XYZ-32-A
セリアスマートフォン用イヤホンマイク

「XYZ-13B」「XYZ-32-A」の使用感の比較や違いは?

「XYZ-13B(通常タイプ)」は耳へのフィット感が少ないです。外部の音がしっかりきこえます。しかし、通話相手の声などが音漏れすることはありませんでした。

「XYZ-32-A(カナル型)」は耳の奥にはいるためフィット感は抜群です。外部の音もかなりシャットアウトできます。もちろん、通話相手の声などが音漏れすることはありません。

→結論:両者ともに音漏れはほぼなし

それぞれのメリット&デメリットは?どんな人にオススメ?

XYZ-13B

セリアスマートフォン用イヤホンマイク
○メリット○
外部の音がはいってくるため、外で通話をしていても車や電車の音がきこえるため安全です。

○デメリット○
寝転がった状態で耳にいれた状態で横むきになったりすると耳が痛くなってしまいます。しかもそのまま眠ってしまうとイヤホンをはずしたあともずっと耳が痛い状態が続きます。また長時間の使用でも耳が痛くなってしまうことがあります。

○こんな人にオススメ○
実家やアパートに住んでいる人、外出先でよく利用する人にオススメ

XYZ-32-A

セリアスマートフォン用イヤホンマイク
○メリット○
しっかりと耳にフィットするため、装着して動いていても落ちることがありません。また寝転がって横をむいても耳が痛くなりません。長時間の使用でも耳が痛くなりません

○デメリット○
外部の音がかなり遮断されてしまうため、外での使用はかなり危険です。また外部の音が遮断されるため知らずしらずに自分の話し声が大きくなってしまうため、外出先やアパートや実家の自室での使用はまわりの人にきかれてしまう可能性があります。

○こんな人にオススメ○
おもに室内用、ある程度声をだせる部屋でのひとり暮らしの人にオススメ

まとめ

通常型とカナル型のイヤホンにはそれぞれ「良い点・悪い点」があります。
それぞれの生活スタイルにあわせて選ぶと失敗が少ないです。

個人的にはただのイヤホンの場合は音楽などに集中できる「カナル型」をオススメしますが、スマートフォンマイクは「通常タイプ」のものの方が使い勝手がいいと感じました。

ぜひ選ぶときの参考にしてください。
うのたろうでした。

スポンサーリンク
 
Return Top