雑記

LINE(ライン)で好きな人に既読スルーされたときの対処方法

うのたろうです。
気になるあの子とLINEをしていて既読スルーされるとショックがでかいですよね。
LINEライン既読スルー対処法好きな人
読んだなら返事くれよ。なんて思っても催促するのはうざいんじゃないか?
なんて思って、ぐっと耐えたりするのが男の間違った美学だったりします。

さて、ここで問題です。

ぐっと耐えて、催促したい気持ちをこらえて事態が改善されたことはありますか?

おそらくないと思います。

なら、動かなきゃいけません。

ということで。
本日は、LINEで女性にうまく返事の催促をする方法のお話です。

SPONSORED LINK

自然に返事を催促する方法

①ストレートに、そして簡潔に

何度もごめん。
返事、待ってるから。
LINEライン既読スルー対処法好きな人
このように催促していることをまず素直にごめんとあやまり、そのうえで返事を待っているという旨をつたえましょう

低姿勢で相手のことを気づかうこと、そして自分の返事がほしいという誠意をつたえることで嫌な気持ちにならず返事をしなきゃと思ってくれる女性がおおいそうです。

②相手を気づかった追伸のように

忙しいかな?
返事は時間があるときでいいから。

このように自然な追伸のように催促するのもひとつの手です。
ただし、既読スルーからあまり時間がたってしまうと、この追伸は嫌味ぽくなってしまうので注意が必要です。
LINEライン既読スルー対処法好きな人
似た方法に「時候の挨拶を交えつつ追伸をする」という方法もあります。
たてとえば「今日も寒いね、体調どう?」など丁寧な挨拶でジャブをいれ「そういえば、このまえの話はどうなった~」などと会話をスライドさせていく方法です。
女性は「礼儀ただしい人だな」という印象を持ってくれます。

ただし、どうでもいいようなたぐいの日常会話を既読無視された場合は、こういった催促自体をしないほうが良いでしょう。
「しつこい人」と思われてしまいます。

③バカっぽさ全開で明るい男を演じる

「おーい、生きてるかー?」
LINEライン既読スルー対処法好きな人
こんな感じで「返信ないんだけどアピール」を軽いノリでしてみてください。
重くいわれるよりもずっと気軽に思いがつたわります。
そして、これが何度か成功すると、こういうノリの人なんだというように思ってもらえて、のちのちの催促もらくになります。

④チラ見系のスタンプだけを送信

これはべたな方法です。
そのため効果は薄いように感じます。
ですが、こういったべたこそ王道
「かわいいからついつい反応しちゃった」なんていう女の子もすくなくありません。

⑤なにごともなかったかのようにべつの話題のLINEを送る

既読スルーのことなんて気にしていないという雰囲気を全力でだしましょう。
たとえば数日後になんの脈絡もなく「駅まえで芸能人を見た」なんてスルーされた話題とはまったく関係のない話題をだすと、相手も既読無視の負い目を感じずふつうに返事をしてくれることがおおいです。
LINEライン既読スルー対処法好きな人
そして女の子から以前のスルーの話を振ってきた場合、気にしていなかった振りをして相手を気づかってあげてください。
「寝ちゃったんだろうなって思っていた」などといって、無視されたことは気にしていないけど、相手のことは気にしているというふうをよそおうと、好感度がアップし、今後既読スルーされることもすくなくなります。

⑥あえてダイレクトにツッコミをいれる

「既読スルーかいっ」

こんなふうに冗談ぽくツッコミをいれてみるのも手です。
ただし、これは既読スルーから時間がたってしまってからでは遅いので、なるべく早い段階でこういった催促をするようにしましょう。
やはりこういった軽いノリならば相手の女の子も気負わずに返事がしやすいようです。

⑦さびしいから返事ちょうだい

さびしいから、返事ちょうだい。
LINEライン既読スルー対処法好きな人
こんなふうにちょっぴり情けない感じでお願いすると無視できないのが母性本能というものです。
へんにカッコつけてスカすよりもこういったいいかたを冗談交じりにいうことで女性も返信がしやすくなります。

ただし、あまりにも頻発するとただの「かまってちゃん」のように思われてしまって、面倒くさい人という印象になりこれからも既読無視されてしまうのでお気をつけください。

最後に

もっとも女性が既読スルーをするというのはなんらかの理由がかならずあるものです。
そのため自分の気持ちばかりを押しつけず、タイミングを見つつ、相手の気持ちを考えつつ行動にでなければいけません。

押すと待つのバランスを考え、あくまでスマートに既読無視の返信の催促をするようにすれば、きっとこれからの恋がうまくいきますよ。

がんばれ、男。うのたろうでした。

スポンサーリンク
 
Return Top