雑記

ジャークチキンとはどんな料理?│世界のB級グルメ【ジャマイカ】代表

うのたろうです。
世界の激ウマB級グルメ「ジャークチキン」のお話しです。
ジャークチキンとはジャマイカの料理で、海外旅行にいったら絶対に食べるべき料理ベスト15のなかにもはいっているほどなのです。

どんな料理なのでしょうか?
見てみましょう……

SPONSORED LINK

ジャマイカにいったら食べるべき料理

◎.ジャークチキン(Jerk Chicken)
ジャマイカB級グルメオススメ料理ジャークチキン
こんがりしていておいしそうです。どんな味なのでしょうか?

ジャークチキンとは?

ひとことでいえば「ピメントの木を使ったチキンの燻製料理」です。

「ジャーク」とは鶏肉、豚肉、牛肉、ヤギ肉、魚、野菜、フルーツをスパイスで味つけして料理することです。ですので「ジャークチキン」は簡単にいえば「スパイスで味付けしたチキン」。非常にシンプルでわかりやすい料理ですね。これが意外とおいしいんです(じつはご家庭でも簡単につくれますしね)。

ちなみに。
この写真ではこんがりやけていますが、本場のジャークチキンは焼くのではなくピメント(オールスパイス)の木を使って燻製にしたものをさします。

まとめ

ジャークチキンはハチミツやにんにくやカレー粉をまぶして、それをごはんのうえにのせジャンバラヤなどにしてもおいしいのでご家庭でも楽しめます。おれをふまえたうえで、ジャマイカ旅行にいった際はぜひ、本場の「ジャークチキン」をたべてみることをオススメします。

うのたろうでした。

スポンサーリンク
 
Return Top