雑記

カットソーの意味をシンプルにわかりやすく解説してみた!

うのたろうです。
「いまさら人には聞けないファッション用語」ということで、本日はカットソーのお話しです。カットソーとはいったいどういう意味なのでしょうか?

見ていきましょう……

SPONSORED LINK

カットソーとは?

ひとことでいえば「ニット生地をカット(裁断)してソー(縫製)したもの」

つまり「Cut&Sewn(カット&ソー)」の略語。
これがカットソーの定義です。

もっとわかりやすくいえば「ニット生地を平面に裁断して、それを前後2枚あわせてそのまま縫ったもの」です。

ちなみに……

ニット生地ってなに?

ニットというのは編み地のことです。
それに対し織地という生地も存在します。
カットソー意味わかりやすい解説
ニット生地(編み地)はおもに、Tシャツや、ジャージ、下着、水着等に使われています。カットソーの定義は「ニット生地であること」ですので、織り地をカット(裁断)してソー(縫製)したとしてもそれはカットソーとは呼びません。では……

ニットとカットソーの違いは?

ニットとカットソーの違いは「最初から服の形に編むか、布状に編んで裁断・縫製するかの違い」です。つまり……

【ニット】
セーターなどで身頃や袖がすべてひとつながりで編まれているもの

【カットソー】
布状に平たく編んだニットを裁断して縫製したもの

というわけかたができます。
ようするに、ニットを一度ぶった切って前後で縫いあわせたものと考えるとわかりやすいでしょう。

カットソーの例

一番わかりやすいのがTシャツです。
Tシャツには生地に伸縮性に富んだニット生地が使われています。そして袖などがべつパーツとして縫いあわされていると思います。
ですので、そういったTシャツはカットソーだと言えます。

以上。
カットソーの意味のお話しでした。
ちゃんちゃん

スポンサーリンク
 
Return Top