小説

海がしょっぱい理由はなんで?│わかりやすい物語で子どもも楽しく理解できるお話し

うのたろうです。
子どもにこんなことをきかれたことはありませんか?

「海のお水はなんでしょっぱいの?」

そのときなんと答えましたか?

海の水は塩をふくんでいるから――ほとんどの人がこう答えると思います。すると子どもはこういうでしょう。

「なんで塩をふくんでいるの?」

さあ、このときどうします? 困ったお父さん、お母さんにわかりやすい説明をいたします。そしてこの話しをしてあげると、ちびたちもきっと楽しく納得してくれると思いますよ? 見ていきましょう……

SPONSORED LINK

海の水はなぜしょっぱいの?

理由は先に話した通りです。「実際に海のなかには塩が溶けているから」です。それ以上でもそれ以下でもありません。

知りたい話しはその先です。なぜ海に塩がふくまれているのか?
ここは物書きらしく起承転結でお話ししていきましょう……

起/昔むかし……

話は約46億年まえにさかのぼります(ここでうにょうにょとした動きをどーぞ)。
地球が0歳のころの話。つまり地球という星が誕生したばかりのときということですね。

当時の地球はとても熱く、水は気体の状態(水蒸気)で空気中にふくまれているだけでした。

その空気のなかにはなんと「塩化水素(HCl)」という物質がふくまれていました(ここで右手をグーにして顔のまえでふよふよ揺らしてください)。この物質は水に溶けると「塩酸」になるコワーイ性質を持っているのです。
海の水しょっぱい塩辛い理由子ども説明
※もちろん、現在の空気中には塩化水素はふくまれていません

一方、水蒸気と塩化水素がただよう空のしたには「ナトリウム(Na)」を含む岩石が転がっていました(ここで左手をグーにして、したからふよふよとゆらしてください)。

このナトリウムという物質は、塩酸に特に溶けやすい性質を持っている物質です。そして塩酸と中和することによって「塩化ナトリウム(NaCl)」という物質に変化します。中和というのは合体して「化学物質+水」をつくる反応のことです。

承/寒くなって水蒸気が雨になる

やがて時間がたつと地球はだんだん冷えていきます。寒くなってくるということですね(ぶるぶる)。そして地球の温度がさがるにしたがい、空にあった水蒸気(塩化水素いり)は水に変化してきます。やかんやお風呂の湯気といっしょです。
海の水しょっぱい塩辛い理由子ども説明
そして水となった水蒸気(塩化水素いり)は雨となって地球にふってきます。その雨はたくさんたくさんふりました。そしてそれらが、くぼ地(くぼんだ場所)ににたまるようになりました(右手で雨を表現してください)。

転/その雨のいき先には……

雨のふる先である地表(左手で岩をつくったままにしてください)には、塩酸に溶けやすいナトリウムをふくんだ岩があります。そこに雨がぶつかります。するとどうなるでしょう……?

結/中和の反応が起こる

塩酸の雨によって岩にふくまれていたナトリウムが溶けます。そして中和という化学反応が起こります。このふたつの物質の中和でできるものは「塩化ナトリウム」と「水」。これがいっしょになってくぼ地にたまります。それが海の始まりです……
海の水しょっぱい塩辛い理由子ども説明
さて。
ここまでが物語ですが……

ここで質問です。

塩化ナトリウムというのはなんでしょうか?

理科の授業でやりませんでしたか?

塩化ナトリウムとは「塩」の正式名称です。
海の水しょっぱい塩辛い理由子ども説明
たぶんテーブル食塩の成分表にもそう記載されているはずです。
つまり、そんな経緯で塩水が長い年月のをかけて海に流れこんだため、今の塩辛い海が完成したのです。

結論

生まれたばかりの地球には、塩のもとが岩のなかにあって、雨がそれを海に運んでくれました。その結果、海水が塩辛くなったというわけです。

まとめ

いかがでしたか?
これが、海の水がしょっぱい理由だったのです。
お子さんにきかれたときに、この話しを身振り手振りでしてあげてください。楽しく覚えて、納得してくれると思いますよ。

子育てファイト。
うのたろうでした。

スポンサーリンク
 
Return Top