うのたろう小説ブログくろおと

うのたろう小説ブログくろおと

菓子パン

パスコ「銀チョコロール」味・カロリーは?牛乳に浸けたらうまい!

うのたろうです。
パスコ「銀チョコロール」を食べました。

これはパスコの定番商品として売られている菓子パンです。

味の感想やカロリーの情報をご紹介いたします。
また牛乳との相性もあわせてごらんください!

 

SPONSORED LINK

 

パスコ「銀チョコロール」とは?

全国販売されているパスコの定番商品。どこのスーパーでもよく見かけます。

銀色ピカピカのパッケージが目立つ菓子パンです。
パッケージは銀色なのでそとからは中身のパンの様子がわかりません。

構成はやわらか食感のサンドロールがベース。
そこにミルクホイップクリームチョコホイップクリームのダブルクリームがはさまっているという形。

パスコ銀チョコロール5

さらにパンのうえにはたっぷりとチョコレートがコーティングされています。詳細はこちら。

パスコ「銀チョコロール」詳細は?

パスコ銀チョコロール1

【購入価格】119円(税別)
【カロリー】373kcal

カロリーは373kcal
大きめサイズのうえ、クリームたっぷり+チョコレートたっぷりです。
その割りにはカロリーは抑えめになっています。

ぼくは2018年1月に近所のスーパーで購入しました。この昭和の近未来感のパッケージがカッコイイです。

パスコ「銀チョコロール」味の感想は?

うまーい。
誤解をおそれずに言えば「すっごい安っぽいおいしさといいますか駄菓子的なおいしさ」があります。これがいいんです。へたに高級路線を目指して味の調整をせずにこのままの昔ながらの味でつくってくれることが嬉しいです。

パスコ銀チョコロール2
※そしてでかい!

これはおいしい。
昔ながらのシンプル(というより単調な)味わいのパンで、ついつい食べたくなってしまいます。

パン自体はふつうです。
最近のパンにくらべてパサつきも多少ありますが、気になるほどではありません。
またクリームもとくに工夫のないふつうのクリームです。それがたっぷりめにはいっています。

パスコ銀チョコロール3
※クリームもたっぷり!

そしてパンにかかっているチョコレートもふつうのチョコレート。
単純な甘さが強く「カカオの味が~」なんてややこしい感じはいっさいありません。

潔いです。
それがいいんです。
これ、うまいです。

パスコ「銀チョコロール」は牛乳と合うの?

今回も牛乳にいれてみました。その結果は……

パスコ銀チョコロール4

うまーい。
これ、ノーマルでもおいしいんですが、牛乳につけると「イマドキのおいしさ」に化けます。それがびっくりです。

まずパンがモチモチ食感になります。
そしてクリームも油っぽさが少なくなりコクがアップします。

チョコレートはどうしても浮いてしまいますが、それでも合わないということはまったくありません。むしろ牛乳で冷えてパリパリ食感を楽しむことができます。

個人的なマッチ度は……

★★★★★

満点です。
いやあ、うまい。
これはノーマルの場合とは違った方向性でおいしくなります

どちらの食べ方も甲乙つけがたいです。

まとめ

懐かしさを楽しみたい人はノーマルで食べてもいいですし、牛乳に浸けたアレンジレシピで食べてもおいしいです。

定番商品ですので、スーパーなどで頻繁に見かけることもあると思います。
ぜひゲットして食べてみてはいかがでしょうか?

うのたろうでした。

スポンサーリンク
 
Return Top