うのたろう小説ブログくろおと

うのたろう小説ブログくろおと

菓子パン

ヤマザキ「コッペパン りんごバター風味」カロリー・感想は?

うのたろうです。
ヤマザキ「コッペパン りんごバター風味」を買ってきました。

味の感想・カロリーを紹介していきます。
また牛乳との相性もいっしょうにレビューしていきます。

 

SPONSORED LINK

 

ヤマザキ「コッペパン りんごバター風味」とは?

2017年10月の新商品。
ヤマザキの定番ロングセラー商品である「コッペパン」シリーズの期間限定商品。
長野県産のりんごを使用しているというのが最大の特徴。

ベースは、いつものコッペパン。
そこにりんごバターをイメージしたクリームがはさまっているという形。
またシロップ漬けのりんごもザクザク入っているというのもポイントです。詳細はこちら。

ヤマザキ「コッペパン りんごバター風味」詳細は?

ヤマザキコッペパンりんごバター風味1

【購入価格】98円(税別)
【カロリー】450kcal

カロリーは450kcal
やはり、かなりカロリーが高いといえます。
ちなみに定番商品のヤマザキ「コッペパン ジャム&マーガリン」が525kcalヤマザキ「コッペパン つぶあん&マーガリン」が511kcalですので、それにくらべればかなりカロリーが低いといえます。しかし、とはいえ450kcalですので、とんでもなくカロリーの高い菓子パンの部類になります。

各主成分は以下のもの。

・たんぱく質(8.8g)
・脂質(20.7g)
・炭水化物(57.1g)
・食塩相当量(0.7g)

ぼくは2018年11月に神奈川県のスーパーマーケットで98円(税別)で購入しました。

ヤマザキ「コッペパン りんごバター風味」味の感想は?

まずは見た目から。

ヤマザキコッペパンりんごバター風味2

どーん。
これはいつものコッペパンの見た目です。
とくに変わったところはありません。

ただし、この時点で、かなりりんごの香りが強いです。
これは期待大です。

開いてみましょう。

ヤマザキコッペパンりんごバター風味3

どーん。
白い部分がバター的なクリームでしょう。
そして、そのなかにあるつぶつぶがりんごの果肉です。
割ってみると、こんな感じ。

ヤマザキコッペパンりんごバター風味4

どーん。
うーむ……これはよくわかりませんね。

とにもかくにも食べてみましょう。いただきまーす。

ヤマザキコッペパンりんごバター風味5

うまーい。
まずは口いっぱいに、バターのくせが広がります。
これはおいしいけれど、かなりヘビーです。バタークリームのコッテリ感に近いなというのが個人的な印象です。

おいしいけれど、重い。
またなかに入っているりんごのつぶつぶはかなり甘くておいしいです。
一般的なリンゴジャムに入っているシロップ漬けのりんごという感じです。

全体的にバターの味が強く、りんごの味が控えめです。
それ自体のバランスはよく、とてもおいしいと感じるのですが、いかんせんバターの油ぽさが強すぎるなと感じてしまいました。

おいしいけれど、女子には不評かな?
そんなわけで、個人的な味の感想は……

★★★★☆

悪くはないんです。
ただし、かなり好き嫌いがわかれてしまうなというのがぼくの感想です。

ヤマザキ「コッペパン りんごバター風味」は牛乳と合う?

というわけで、今回も牛乳にinします。その結果は……

ヤマザキコッペパンりんごバター風味7

うまーい。
けど、薄いっ。
うーむ。やはりこのヤマザキのコッペパンシリーズはあまり牛乳には合わないなというのがぼくの印象です。

まずはパン生地なのですが、こちらは牛乳をぐんぐん吸っていきます。
そしてもちもちふかふかの食感になります。

ヤマザキコッペパンりんごバター風味8

しかし、それだけです。
もともとが薄めの味なのでリンゴジャムの甘さやバターの感じがすべて牛乳のなかに流れてしまいました。それが、うーむ……という感じになってしまいまいました。

また、牛乳に浸けても特別にコクがアップするというわけでもありませんでした。そのため、個人的なマッチ度は……

★★☆☆☆

ぼく的にはノーマルで食べた方がおいしいなと感じました。

まとめ

りんごバターはちょっとまえに流行りましたよね。
その名残のようなフレーバーです。

味はたしかにおいしく、甘すぎないのもぼく的に嬉しいポイントなのですが、いかんせんバターの味が強すぎるのが難点でした。

おいしいけれど、人を選ぶ――そういった印象のコッペパンですので、ご注意を。

うのたろうでした。

スポンサーリンク
 
Return Top