うのたろう小説ブログくろおと

うのたろう小説ブログくろおと

アイス

森永ナタデココin杏仁豆腐バー2018復刻のカロリーは?違いを比較してみた!

うのたろうです。
森永「ナタデココin杏仁豆腐バー」がリニューアルされました。

けっこうおいしくてよく食べていたバーアイスのリニューアルですが、リニューアル後、どんなふうに変わったのでしょうか?

気になったので食べてみました。
味の感想とカロリーの情報を、リニューアルまえのナタデココin杏仁豆腐バーと比較してレビューしていきます。

 

SPONSORED LINK

 

森永「ナタデココin杏仁豆腐バー」とは?

ナタデココin杏仁豆腐バーは2016年に初登場したバーアイスです。TwitterなどのSNSの口コミで話題になっていたのですが、いつのまにか販売終了してしまっていた商品です。

最大の特徴は冷えてもコリコリ食感のナタデココが入っていること。
そしてアイス自体が杏仁豆腐のようにモチモチした食感であるということです。
またアイスのなかにはフルーツも入っています。

前回の商品のレビューはこちら

そんなナタデココin杏仁豆腐バーがリニューアルして復活しました。
詳細はこちら。

森永「ナタデココin杏仁豆腐バー」詳細は?

ナタデココin杏仁豆腐バー1

【価格】130円(税別)
【内容量】80g
【カロリー】198kcal
【販売期間】2018年4月16日~
【販売店舗】全国のコンビニ、スーパー、ドラッグストア等

2016年に発売された商品はおなじ80gでカロリーが199kcalでした。
比較すると今回の方がカロリーがわずかに低いということがわかります。各主成分は以下の通り。

・たんぱく質(2.7g)
・脂質(9.2g)
・炭水化物(26.2g)
・食塩相当量(35mg)

ぼくは2018年4月15日に神奈川県のスーパーで89円(税別)で購入しました。
スーパーやドラッグストアで購入すると、こんなふうに発売日まえにゲットできることがあります。

森永「ナタデココin杏仁豆腐バー」味の感想は?

まずは一番の違いは、なんといってもパッケージです。
以前は横長のオシャレアイスという雰囲気でしたが、リニューアル後のパッケージは縦長でパンダのイラストなどが入ったかわいい系のデザインになりました。

ナタデココin杏仁豆腐バー2

開けてなかを見てみましょう。

ナタデココin杏仁豆腐バー3

どーん。
うーむ。
見た目は正直あまりかわりません。
ナタデココとフルーツが入っているというのがわかります。

さっそくいただきまーす。

ナタデココin杏仁豆腐バー4

うまーい。
けど……どこか、違う

具体的にはアイスのモチモチ度がアップしています。
そしてナタデココがさらにゴロゴロ入っています。

ナタデココin杏仁豆腐バー5
※ナタデココがたくさん入っています

食感はいつものようにコリコリでおいしいです。そして全体的に酸味がアップしていると感じました。個人的な感想ですが、やはり前回発売されたものとは味自体がリニューアルされていると感じました。

このあたりが1kcalの差なのでしょうか。この1kcalの差は計測誤差ということではないなと感じます。

リニューアルされたナタデココin杏仁豆腐バー。
たしかにおいしいですが、個人的には前回ほどの衝撃がありませんでした。

ぼくはアイスクリームを冷蔵庫に買いためておくくせがあるため、直近では2018年2月あたりにリニューアルまえのフレーバーを食べています。
そのときの記憶とくらべても、やはり味の違いや食感の違いを感じました。また前回のものと比較してもフルーツがたくさん入っているという印象も受けました。

ナタデココin杏仁豆腐バー6

全体的に見て確実に前回よりもパワーアップしています。
しかし、個人的にはリニューアルまえのこなれていない感じの味が好きだったなと感じました。

まとめ

2016年に発売されて話題になったアイスのリニューアル復活です。
味や食感に前回との違いがありますので、食べ慣れている方はこの違いを感じてみてください。

また初めて食べる方にとっては、このナタデココのコリコリ食感が衝撃的ですよ?
ぼくは「前回と違う」だなんだといっても、このアイスの大ファンなのでまたリピートしまっくちゃいます。

うのたろうでした。

スポンサーリンク
 
Return Top