うのたろう小説ブログくろおと

うのたろう小説ブログくろおと

マクドナルド

マックシェイク森永ミルクキャラメル2018のカロリーは?初登場との違いは?

うのたろうです。
2018年5月16日、マクドナルドの人気定番スイーツ「マックシェイク」にあの味が期間限定で復活しました。

マックシェイク 森永ミルクキャラメル

2016年に初登場して大人気になった、あのフレーバーです。
今年のバージョンをさっそく飲んでみたので味の感想とカロリーを、去年との違いとあわせてご紹介いたします。

 

SPONSORED LINK

 

「マックシェイク 森永ミルクキャラメル」とは?

初登場は2016年9月
森永の定番商品「森永ミルクキャラメル」とのコラボでうまれたマックシェイクです。
この商品は発売直後からTwitterなどのSNSで話題になり、大ヒットしたものです。

ちなみに、マックシェイクはハッピーセットのドリンクとして選択することができます(ただし朝マックのセットでは不可能)。そのときに、このフレーバーを選択することもできます。

「マックシェイク森永ミルクキャラメル」の構成はシンプルです。
マックシェイクを森永ミルクキャラメルのフレーバーにしたもの。
Sサイズのカップのみ数量限定で「森永ミルクキャラメル」のデザインになっています。詳細はこちらです。

「マックシェイク 森永ミルクキャラメル」詳細は?

マックシェイク森永ミルクキャラメル1

【価格】S:120円、M:200円(すべて税込み)
【カロリー】S:222kcal、M:355kcal
【販売期間】2018年5月16日~6月中旬(期間限定)
【販売時間】24時間
【販売店舗】全国のマクドナルド

朝マックの時間帯にも購入することが可能です。
ただし朝マックのセットや昼、夜セットのドリンクとして選択することはできません。
ハッピーセットでのみ選択が可能です。

カロリーはSサイズで222kcal
2016年バージョンがSサイズで218kcalでしたので、少しカロリーが高くなっています。
しかし、変更した点はないのでこれは単なる計測誤差だということがわかります。

マックシェイク森永ミルクキャラメル2
※パッケージの裏側はこんな感じ。

また去年との違いの1つとして「森永ミルクキャラメルの箱を持って行っても50円引きにはならない」ということを忘れてはいけません。

2016年には行っていたサービスだけに、今年なくなってしまったのが少々残念です。
発売日にはスマホアプリのクーポンもなかったので、ぼくは定価で購入しました。

「マックシェイク 森永ミルクキャラメル」味の感想は?

というわけで、いただきまーす。

まずは蓋を開けたところから。

マックシェイク森永ミルクキャラメル3

……うん。
よくわからない。すみません。白飛びしています。

ベースはバニラ。
そこにマーブルのようにミルクキャラメルが入っているという形です。

また去年(2016年)と違って、シェイク購入者への「ミルクキャラメル1粒プレゼント」というものはありませんでした。

それがちょっとさびしいなと感じました。

とにもかくにも、飲んでみましょう。

マックシェイク森永ミルクキャラメル4

うまーい。
うん、これはうまいです。
正直、森永ミルクキャラメルの味なのかといわれたら疑問が残ります

ふつうのキャラメルテイストのシェイクだなというのが正直な感想です。
もっとも、去年もおなじことを思ったので、味としてはこれがおととしとおなじで正解なのでしょう。

キャラメル味のシェイクとしてはおいしいですが、森永ミルクキャラメルそのままの味を求めている人にとっては疑問が残ってしまうかもしれません。

ぼくの場合、シェイクはシンプルなバニラが好きなので、期間内のリピートはよほどのことがないかぎりないかなと感じております。

マックシェイク森永ミルクキャラメル5
ごちそうさまでした!

バリエーションの1つとしては選択肢としていいのですが、年中飲みたくなるほどというわけではありません。

もっともSNSなどのネットの感想や口コミではこのフレーバーの復活を心待ちにしていた人や、発売からわずか2日ですでにリピートしている人などもいるので、購入頻度は人によって異なるといったところです。

これが個人的な感想です。

まとめ

たしかにおいしいです。カロリーは去年と少し違いますが、計測誤差の範囲ですので、まったくおなじフレーバーだと言えます。

森永ミルクキャラメルの味が再現できているかというのは少々疑問が残りますが、普通のキャラメル味のシェイクとして美味しく飲むことができます。
2016年のバージョンとまったくおなじものですので、過去に飲んで気に入った方はもちろん、飲み損ねてしまった方も購入してみてはいかがでしょうか。

うのたろうでした。

スポンサーリンク
 
Return Top