雑記

大地震が起きたら必ずするべきこと3つ│家・マンションにいるときに必要なこと

うのたろうです。
大地震が起きたらしなければいけないことというものがあります。
本日、そのお話しです……

SPONSORED LINK

大地震が起きたらするべきこと

①水をためる

まずは水をためてください。
バスタブでもバケツでもなんでもいいです。とにかく、ためられるだけためてください。

水道がとまってしまうと大変です。
なにが大変かといいますと「トイレ」です。
トイレが流せなくなるのです。
大地震起きたらすること水トイレ靴電気
そうなると公衆トイレはすべて使用禁止になり壊滅します。
自宅で用を足すしかありません。

一回のトイレで必要な水はバケツ2杯ぶんといわれています。
小はともかく大が流れないといちだいじです。絶対にまず水道が使えるうちに水をためるようにしてください。

②室内でも靴を履く

とにかく、いつでもすぐに動けるようにしてください。
そとにでられる体勢をつくっておくことが重要です。
そのさいは、安全靴がベストですが一般家庭にはほとんどの場合、安全靴はありません。そういったときはなるべく底の厚い靴を履いてください。
大地震起きたらすること水トイレ靴電気
瓦礫やガラス釘などがごろごろと転がっています。そのため外出時にはそれらを踏まないように注意することと、踏んでも怪我をしないようにすることが大切になってきます。

③外出時はブレーカーを落とす

これも大切です。通電火災を防ぐためです。地震時は電気の供給がストップする場合があります。停電が起こるということです。

しかし、その停電はやがて復旧します。それは家のなかがどのような状態であってもです。
たとえばコンセントのコードがちぎれているような状態でも電気が復旧してしまうのです。するとどうなるか?
大地震起きたらすること水トイレ靴電気
通電により火花が発生します。
そしてまわりに燃えやすいものがあると、一気に火事が起こってしまいます。そのためかならずブレーカーを落とすようにしてください。

まとめ

以上が、地震が起こったときにやるべき3つのことです。
これはかならず守ってください。そして安全が確保されるまで気をつけてください。

うのたろうでした。

スポンサーリンク
 
Return Top