うのたろう小説ブログくろおと

うのたろう小説ブログくろおと

雑記

Winshotのダウンロード方法・使い方は?キーの割り当てや保存先の選び方は?

うのたろうです。
PCで画面をキャプチャー(=スクリーンショット)する方法をご紹介いたします。

ぼくはパソコンにWinshot(ウィンショット)という無料アプリを入れて画像をキャプチャーしております。

そのやり方をご紹介いたします。

 

SPONSORED LINK

 

Winshotとは?

読み方は「ウィンショット」。

WoodyBells氏が提供している無料の画像キャプチャー用アプリ。
Windowsのみに対応しています。

更新は2007年5月でストップしていますが2018年4月現在でも多くの方に利用されています。
ちなみに、ぼくはWindows7でとWindows10でこのソフトを使用しています。

両方のOSに対応しています。ダウンロードの方法は簡単です。

Winshotのダウンロード方法

・下記の公式ページにアクセス
http://www.woodybells.com/winshot.html・画面をスクロールして「Download」の項目を探す

「WinShot Version 1.53a (691KB)」をクリック

これでダウンロードが始まります。

ダウンロードが完了しましたらダウンロードしたら「exeファイル」を開いてください。
インストールが始まります。

Winshotのインストール方法

exeファイルをダブルクリック(あるいは開く)するとインストールが開始されます。基本的に「次へ」で進んでいって問題ありません。余計なソフトが付属でダウンロードされるということはありません(2018年4月現在)のでサクサク進めてOKです。

やり方は以下の通り。

「インストール先」「ショートカット作成」はそのままで「次へ」をクリック

「デスクトップにアイコンを作成する」にチェックを入れて「次へ」をクリック

・「インストール」をクリック

これでインストールは完了します。
インストールが完了したら、使い方の設定をします。
こちらも簡単ですので見ていきましょう。

Winshotの初期設定方法

Winshotのボタンの設定

・PC画面右下の「上矢印」をクリック

・Winshotのアイコンを右クリック

winshot1

「ホット・キータブ」を選択

「JPEGで保存(矩形範囲選択)」を選ぶ

好きなキーを割り当てる

winshot2

この矩形(くけい)範囲選択という部分が、Wihshotを使用するときのボタンになります。
ぼくの場合、ユーザ設定にチェックを入れて「F1」キーを割り当てています。割り当てたいボタンはキーボードで押せばOKです。

Winshotの保存先の設定

次に「基本設定」のタブをクリックしてください。
ファイルの保存先を選ぶ作業です。

ここではもともと保存先が入っていますが、そこを「削除」で消してください。
次に好きな場所に「フォルダー」を作成してください。

フォルダー作成の場所はデスクトップでもOKですし、ほかの場所でもOKです。

ぼくの場合、「Dドライブ」に「Winshot」という名前のフォルダーを作成しています。

winshot3

フォルダーを作成して追加をすればOKです。
これで、以後、Winshotで撮影したキャプチャーはそのフォルダに自動で保存されることになります。

winshot4
※Winshotで撮影した画像はここに保存される

ここまでできれば設定は完了です。
次にWinshotの実際の使い方を紹介します。

Winshotの使い方

・Winshotの起動方法

デスクトップにあるアイコンをダブルクリックしてください。
これで起動します。WinshotはPCを起動するたびに立ち上げる必要があります。

winshot5

そのためPCを再起動したり電源を落としたりしたあとは、パソコンを立ち上げるたびにWinshotのアイコンをダブルクリックしてください。Winshotは裏で立ち上がるため、パソコンの電源を落とすときにもそのままで問題ありません。電源を落とせば、Winshotも自動的に切れます

・Winshotの使い方

あとはキャプチャ(スクリーンショット)したい画面を表示させて「割り当てたキー(僕の場合はF1)」を押してください。

winshot6

範囲選択の画面が出てきますので、キャプチャしたい範囲をマウスの左ボタンで選んでください。
ドラッグ&ドロップの要領で範囲を選び、マウスの左ボタンから手を離すとキャプチャが完了します。

ちなみにキャプチャ範囲のキャンセルはマウスの「右クリック」でおこないます。
また右クリックをして範囲をキャンセルしたあと、もう一度「右クリック」するとWinshotの撮影自体をキャンセルできます。

まとめ

以上が、Winshotの使用方法です。
設定も難しくないので、試してみてください。

うのたろうでした。

スポンサーリンク
 
Return Top